Bakkt Bitcoin:1日でボリュームが急上昇

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳したぜ!

ぜひ参考にしてくれ!

 

今月、Bakktのビットコイン先物取引量は796%を記録し、これは史上最高記録となりました。

これは前例のない記録であり、業績の低迷が問題となっていたBakktにとっては復活の兆候となっています。約2週間前に発売されたBakkt初日のパフォーマンスでは、わずか72BTCという低い価格で取引が完了していましたが、ローンチ前後の誇​​大広告と期待を考えると、多くの効果が残る結果だったと言えるでしょう。それ以来、ボリュームは少しづつ変動していましたが、あまり成長の兆しは見えていませんでした。しかし、水曜日に公になったディスプレイでは前例のない記録を叩き出したのです。

これは火曜日までわずか25BTCの交換に手を焼いていたBakktにとって、大きな飛躍となっています。水曜日には、この数字のほぼ9倍を記録し、1日で224BTCが取引されたと報告されています。

Bakktはなぜこのような爆発的な結果を叩き出したのか。

この印象的なパフォーマンスが生まれた背景には、ビットコインのスポット価格の上昇が深く関係していると言えるでしょう。水曜日に、BTCは2週間分まで上昇し、8,500ドルという大きなハードルを乗り越える結果となりました。

多くのトレーダーは、BTCが8,000ドルを下回る破滅的な下降スパイラルに陥ったことに対して、その回復はほぼ不可能であろうという見解を示していました。しかし皮肉なことに、注目すべき点は過去に起こった負の事実ではなく、Bakktの高い上昇を見せたローンチにおけるパフォーマンスにあるのではないでしょうか。

eToroのMati Greenspanは、当時CCNで次のように説明しています。

「主にここでの触媒は、ウォールストリートでのBakktのビットコインデビューの際に記録された圧倒的な量です。トレーダーはこのうわさを何ヶ月も大いに買い続けており、今ではニュースで売るという結果になりました。」

役割が変更された今、ビットコインは確実に権力の座を奪還したと言えます。

しかしこの良い兆しがいつまで続くのかは誰にもわかりません。今のところ、Bakktのパフォーマンスは市場のプラスパフォーマンスに大きく依存しているように見えます。ビットコイン価格が減少した場合には、Bakktは大きな影響を受けることになりそうです。

競合他社のCMEは大幅な成長を享受

一方、Bakktのビットコイン先物取引における主なライバルとなるChicago Mercantile Exchange(CME)は、この結果に負の見解を見せています。これはおそらく、BTC価格の下落によるものであると予測されています。

Bakktの発売前、CMEは大幅な好成績を叩き出し、取引所はオープンポジションの制限を2倍にすることに取り組んでいました。さらに、ビットコインが8,000ドルを下回る前日、CMEは14,340件の契約の月間最高値を報告していました。 しかし1日後には42%減少し、8,181件のみの契約となってしまったのです。

Skew Marketsのデータによると、CMEのビットコイン先物取引契約に対する建玉は、前四半期より50%減少しています。以下に示すように、7月において建玉は約3億5,000万ドル増加。その後、この数字は急速に低下し、わずか1億5,000万ドルの評価に50%遡る結果となっています。