Aliibaba、Lolliとの提携を否定:暗号資産業界の落とし穴を強調

Crypt News ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳しました!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

アリババグループの代表はLolliのCEOであるAlex Adelmaが宣言していた」「パートナーシップ」を否定しました。

「Aribaba.comの請負業者の1人が本部の了解を得ずにLolliと関係を持つ下請け業者を雇いアフィリエイトマーケティングプログラミング行った」とAlibabaのスポークスマンは語っました。

また、「すでにAlibaba.comの請負業者はLolliと繋がりを持つ下請け業者との関係を切った。

Lolliに対してAlibaba.comやAlibaba Groupとのパートナーシップを語る権利は一切与えていない。」

と語っました。

それに応えアデルマンは、「誰かのサイトに売り上げを送るには、統合が必要だ」と言っました。

このシングルスデイキャンペーンのプロモーションがどのように膨らんだとしても、アデルマンのチームは完全にオフベースではなかっました。

契約上の合意は、オンライン資料で「Alibaba関連キーワード」の使用を許可しているようです。Lolliは、2019年5月以降、AliExpressの買い物客に対するビットコイン報酬をすでに処理していました。

Lolliのコミュニケーション責任者であるAubrey Strobel氏によると、Alibaba.com自体は、Singles Dayキャンペーン中に24時間Lolliのサービスを試用し、宣伝が注目を集めた後に「パートナーシップ」を無効にしました。

Alibabaがビットコインを直接受け入れるため、この発表のその後の報道は取引を誤って伝えてしまっました。中国の規制当局は暗号通貨交換関連サービスの新たな取締りに向けて準備を進めているようです。

「Alibabaと契約の終わり方に誤解があったようです。残念だが、今後Alibabaと再び仕事をする可能性があることを楽しみにしています」とストロベル。さらに 「当面の間、Alibaba GroupのAliExpressはまだLolliで公開されている。」とも語っている。

失言

現状では、混合メッセージングの根本的原因はわかっていないぜ。

ブロックチェーン企業は、実際に間接的なアフィリエイト契約を結んでいる場合や、単に概念実証に取り組んでいる場合に、ブランドとの「パートナーシップ」を主張すます。

一方、両当事者の代表者とのいくつかの事務処理はすでに確定されており、買い物客への支払いは現在議論のある発表の前に処理されました。

これはまた、eコマースと暗号の交差点で「パートナーシップ」が実際に意味するものを定義するという課題を強調しています。

Alibabaの広報担当者によると、Lolliチームは、主力ブランドによる主流のホリデーキャンペーンで既存の顧客関係を拡大すると見たものを、Alibaba Groupは第三者が仲介するプライベートかつ「取引」とみなしていました。 Alibabaの観点からすると、これは公式のパートナーシップではなかっました。

広報担当者は、AliExpressの報酬が処理されたにもかかわらず、ロリとアリババグループの間には直接接触はないと主張しました。スポークスマンは、Alibaba Groupはビットコイン関連の企業と連携していないと付け加えました。