豪山火事:暗号資産で1億円寄付

Crypt News ファイル
Pocket

潜入捜査官 Crypto Dogです🧥🕶

 

オーストラリアで20人と多くの動物に被害を与えている森林火災に対し大手暗号資産取引所のバイナンス が1月8日、約1.1億円(100万ドル)の暗号資産を寄付すると発表した。

暗号資産による寄付は沖縄の首里城やフランスのノートルダム大聖堂などの火災被害などでも行われた。

寄附金の流れを把握可能

暗号資産による寄付は簡単に送金ができるかつ、ブロックチェーン 技術により送金後の暗号資産の流れを検証できるという利点がある。つまり、「本当に支援したい相手に寄付できたか」確認できるということです。

また、国を超えて現金を寄付しようとすると、金融機関を通して大金の送信を行うため一定の審査が必要となる。また、寄付する側も必要な相手に支援が届いているかの確認が難しい。

西日本豪雨:約1.6億円を収集

バイナンス は独自トークンであるBNBで寄付を行い、利用者もBNBで寄付に参加することができる。

バイナンス は個人や法人から2018年の西日本豪雨や2019年のノートルダム大聖堂の焼失も際にも寄付を募った。西日本豪雨が起きた際には約1.6億円の暗号資産が寄付された。

元記事はこちらから