ビットコイン市場分析:ビットコインの勢力の変化から分析<2020年7月1週目>

BTC分析ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、BGN(Bulish Geguri Nodaco)のビットコインの市場分析です。

Crypto Dog 公式LINEではおすすめ記事を紹介しています!ぜひ友達追加してください!

暗号資産市場の主なイベント日程

日付 日程 内容
2020年7月7日 Tron4.0ローンチ プライバシー・ブロックチェーン相互運用性・拡張性・エンタープライズアプリケーション等がキーワードになっているTron4.0がローンチ予定
2020年7月29日 ADA Shellyメインネット ハードフォークを通じ、合意アルゴリズムをアップグレード予定
2020年 イーサリアム v2.0公開 イーサリアム のv2.0のアップグレードが今年第二4半期に完了予定
2020年第2四半期 Mt. Gox被害者賠償法案提出期限延長 Mt. Gox取引所の賠償計画案が7月1日に延期

ビットコインの勢力の変化

ビットコイン:1年以上ウォレットに眠っている数量が1,070万以上

Digital Assets Date(2020年1月)によると12ヶ月以上取引が行われていないビットコインが約1,070万こに達すると報告されてました。現在マイニングされ流通しているビットコインは約1,830万個であるため、全体のビットコインの約60%が取引に利用されず、ウォレット内で眠っているということになります。

つまり、2019年に取引されたビットコインは総発行枚数の40%にすぎないということであり、ウォレット内で保管され続けているビットコインの割合は2017年以来最大レベルとなっています。

上記はglassnodeに表示されている7月時点で12ヶ月以上取引されていないビットコインの数量を表した表です。こちらからも同様に約60%のビットコインが1年以上ウォレットで眠っているということがわかります。

6月末のglassnodeのデータによると現在のビットコイン採掘量は1,840万個です。

この採掘量と、ウォレットで眠っているビットコインの量を見ると現在の勢力は資金の買いであり、区間台チャートを設定することができます。だだし、長期していないウォレットからのうどうが検出された時、そのウォレットの数量以上のビットコインを保有いない、もしくはそれ以上の現金を保有していない場合売りに反映されることがあります。

2017年の歓喜後

[↑2018年8月〜19年7月のビットコイン(BTC)日棒チャート]

上記は2017年に起こった急落後チャートが3,000区間で4ヶ月以上横ばいとなった後、再度急騰したビットコインのチャートです。

以下の4つの動きよりこのチャートより勢力の動きを見ることが可能です。

勢力のうごき

  1. 黄色で示された投げ売り区間
  2. 緑で示された買い集め区間
  3. 青で示された振る区間
  4. 赤で示された急騰区間

1. 黄色で示された投げ売り区間

勢力がマイナスなニュースを広め、継続的な投げ売りを誘導し、価格が低くなります。投げ売りの期間は少なくとも3ヶ月継続します。

「黄色で示された投げ売り区間」から「緑で示された買い集め区間」へと移行する時、多くの個人投資家がビットコインを買収するため収益を獲得することが難しい期間であると言えます。また、脱出までに時間がかかる区間です。

底値であると多くの人が勘違いする区間であり、動きのない退屈な区間へと進出することになります。


2. 緑で示された買い集め区間

安定しており安価であるビットコインを継続的に買い集める区間です。

買い集めぼうが出現し、上昇と下落を繰り返しボックス圏での買い集め、暑いは下落型の買い集めなど複数の買い集めパターンが現れる区間です。

買い集め区間は少なくとも3ヶ月ほど継続します。買い集め区間では、勢力が頻繁に変化するため、買うタイミングを間違えると大きな損失が生まれる可能性もありますが、多くの個人投資家はこの区間で多数の売買を行う傾向があります。


3. 青で示された振る区間

「緑で示された買い集め区間」で価格が上昇するための材料と買い集めが一定水準に達した時、この区間へと移行します。

この区間では、井戸型、三角型、双底、スリー底、横歩き持続型など様々なパターンが発生し、少なくとも1ヶ月ほど継続します。

エリオット波動の始まりをなどこの区間を把握している専門家が多く、多くの利益を獲得する傾向にあります。

しかし、大半の個人投資家は利益を出すことに戸惑う傾向にあります。これは、売りをして以来、勢力が本格的に急騰するため、大きな利益を逃してしまうためです。


4. 赤で示された急騰区間

この区間では本格的な急騰が起こります。「青で示された振る区間」で投資家が一定のレベル打ち明けたと判断された場合この区間へと移行します。

この区間では良いニュースが非常に多く発生し、低価格で買い集めたビットコインがの売買が頻繁に発生します。高点には双峰型、ヘッド・アンド・ショルダー型、天吊りなどが主に見えます。

勢力の変化と収益現実

勢力の変化と収益の実現性に関して以下の4つの観点から探っていきます。

勢力の変化と収益の実現性

  1. 勢力が価格をあげるとき現れる現象
  2. ボックス圏突破の意味
  3. 勢力が高い価格で売る
  4. 急落の解釈

1. 勢力が価格をあげるとき現れる現象

ビットコインを十分に低価格で買い集め場合、高天で売るというアクションへと移行します。本格的に価格が高騰し始め場合、単純に価格が高騰するという事実のみに焦点を当ててしまうと、取引量が増加するという重要な点を見逃してしまいます。

勢力が弱く、十分な価格と期間の調節を行い、それなりの量を買い集めても最後まで耐える投資家は多くいます。価格が思ったととおり上がらず損失してしまい、それを取り返そうとする投資家たちです。

予想より大きな抵抗と思われる点でも、買い集めの勢力がある程度収束したとき価格を上げるため、この区間に買収を苦労して行い、振りを進め、最終的に価格を上げてしまうことになります。

多くの投資家が売りに走るため、取引量が増加します。ここでは、勢力の変化が起こります。勢力の変化とは主に保有した主体が変化することを意味しています。つまり、投資家の取引量の勢力が移行するということです。すでに価格と期間の調節の過程で取引量の勢力が移行したのち、最後まで耐える投資家の取引上まで大量取引によって保有主体が変化します。


2. ボックス圏突破の意味

長期期間横歩きをするボックス圏で大量取引が行われたということは投資家から勢力が完全に変えじゅキュに大きな変化が現れたことうを意味します。

ここまで進むと本格的な勢力争いが始まります。低い価格の長時間圧力に耐えていた膨大な資金を投入し、ボックス圏を突破しようという動きが強まり、投資家の保有量が勢力に移動し、強く売りに出る主体がいなくなります。

勢力は価格の上昇を続けるため、買い集めが終わった後ボックスが一度突破されると、一時価格が落ちますが、以前より大きな上昇が突如現れることはありません。

勢力の取引量のほとんどは低い買い集め区間台に分布しているため、平均枚数単位は低いですが、ボックス圏を突破した後は少ない枚数で大きく価格をあげることができるため、高価で大量に売ることができる状況が整ったと言えます。

こうなると状況は反転し、損失の可能性を考え売りに走ったり、ボックス圏で損失を受けない投資家たちは価格の上昇を見て判断を変える投資家も出てきます。

大きく上昇したときはそのまま一時的な反発と判断し、後に価格の継続的高騰により投資の意欲を駆り立てられます。継続的な高騰の後少しすれば下がると予測し、投資家たちは機会を狙います。

しかし、待っている機会は訪れません。勢力は相手がいないため、破竹の勢いで価格が高騰します。投資家にとってはこれを眺めるのはとても息苦しいことですが、これに耐え続け、最終的に価格が落ちなければ、最も高い価格で初めて買収に参加することになります。


3. 勢力が高い価格で売る

勢力が高い価格帯に達し、これらの勢力が本格的に差益を実現します。

これにより、価格が急落します。勢力は買い集めて保有している量が非常に多いため、それを一度に売ると価格は急落します。

急落すると、高い価格で販売しようとしていた途中、価格が下落してしまい大騒ぎとなります。価格の下落により恐怖心を感じた投資家たちは気まぐれに売りを行います、投資家たちが投げ売りを行うと下落傾向はますます加速されます。その後、勢力も大きな収益を得ることが難しくなります。

高価格付近で一部だけ売れれば下落幅が大きくないため、一時的な調節として投資家たちによる買いが続けられます。次に再度価格を上げた後、軽く売り、価格が下がったら買いという少しづつ意図的に価格を上げていく方式が取られます。


4. 急落の解釈

多くの投資家の勢いが折れる信号を「急落」と捉える傾向がありますが、「急落」は短期的観点では買収の機会です。

急落が起こると勢力にも損失が発生しており、意図的な急落は投資家の投げ売り量を受け入れて再度上昇させようとする勢力の意図がある場合が多いためです。単に恐怖心を与え、損切りを誘導するための一時的急落なのか、本格的な差益実現のための急落なのかを区別するため、取引量に注意する必要があります。

取引量が乗っていない急落は多く販売し英なかったことを意味するため、後に反騰が出てくる可能性が高いため、高点で通常レベルより数倍以上の大量の取引量があった場合の急落は高点での差益実現であると判断できるでしょう。

したがって、取引量が表示されていない急落は短期的な観点から買収の機会に積極的に活用できますが、大量の取引を伴う急落が出る傾向が転換される可能性も高いため、注意が必要です。