ビットコイン市場分析:中長期観点からの分析<2020年5月4週目>

BTC分析ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、BGN(Bulish Geguri Nodaco)のビットコインの市場分析についてご紹介します。

市場分析の中長期観点

歴史は繰り返すと言いますが、これは歴史が一定の周期をとパターンを持ち、同じような出来事が起きているためであり、これは証券市場にも同様のことが言えます。

証券市場は流れが読みにくいと言いますが、長期的な観点で見れば同じようなパターンが繰り返されており、これはビットコイン市場にも当てはまります。そのため、中長期的な視点で分析を行うため、過去のチャートを調べる必要があります。

これから、過去のビットコインの傾向を分析し、現在のビットコインの方向性を見てみましょう。分析を行うに際して以下の図(Wyckoff Price Cycle)を頭に入れておいてください。

これは、ウォールストリート雑誌の著述家、Richard Demille Wyckoffが提示した需要と供給による株価循環です。過売り渡し区間を「蓄積区間」といいマーケットメーカーの買い集めを意味し、過買収区間を「分配区間」といいマーケットメーカーの収益実現を意味します。

チャートを使った過去の市場分析

2017年末高点からの下落

特徴

  1. SC(Selling Climax)=予備サポート
  2. そこがきたことを判断し市場参加者・大型バイヤー(機関)の需給流入が起こった
  3. 取引量が徐々に増加している

2018年末:6,000から3,000に追加下落

特徴

  1. SC(Selling Climax)=販売サポート
  2. 大衆の恐怖を引き出すために勢力が株価を一回揺らし、投資家がパニックせる誘導を行った
  3. 以前の下落ボリュームより優勢

2020年3月頃:7,000から3,000リーテスト下落

特徴

  1. SC(Selling Climax)氷河期の終わり
  2. バネとして役割
  3. 上昇が開始する前の勢力は追加的な投資家のパニックセル誘導

過去の市場分析のまとめ

ビットコインの3年間分の過去チャートを分析したところ市場の蓄積区間蓄積区間と分配区間で構造が繰り返し行われていたことがわかります。

2018人末に6,000から3,000に下落した時、ビットコインの下落率よりアルトコインの下落率が大きかったためSCと判断されました。また2020年に3,000下落した時もアルトコインの下げ幅はビットコインのような下げ幅があっただけで大きな違いがないと判断されSPと判断されました。

2019年3月から7月までに起こった1万3,000までの上昇は市場勢い市場の心理がどのように動くかと市場参加者の反応を見るための一種のテスト区間であったと言えます。

2019年10月に起こったシーチンピンビームは取引量の多さによる上昇でした。以後、力無く下落が進んでいる中、取引量は増加し続ける流れは追加の買い集めだと判断でき、下落型買い集め性と言えます。

2020年3月頃に7,000から3,000に下落した時、高い取引量を伴った反騰が発生しました。取引量は現象の形を示し、株価は徐々に6,000から7,000区間まで上昇しました。その区間では、新たな加速傾向創出のため取引量を上昇させました、これはそこである3,000から5,000で取引量のない上昇で投資家が安易に市場参加ができないように仕向けるだけでなく、上昇局面を創出する変曲で取引量を発生させたため、V字反発はSPと見なることが可能です。

ビットコイン市場の技術的分析

上記で説明したように蓄積と分配サイクルを繰り返しています。それでは、ビットコインの市場を以下の図を参照し技術的に分析します。

傾向を簡単に解説すると、ディセンディンパターンによる勢力の分配が行われ、2回の強い上昇にディセンディンパターン下段傾向線を再テストが見られます。また、2020年3月頃におきた強い下落は最終的にパターン下落ちが達成される傾向があると言えます。

3月頃のビットマックス基準より少し強い低下が演出されていますが終値は達成区間にあるため傾向はある程度あっていると判断されます。

現在の状況を上図参照にブレイクタル的な観点でも解釈することができます。ブレイクタルを差し置き、上昇サイクルの過程で勢力が全ての投資家に利益を与えません。上昇に難しい構造を形成し恐怖を植え付けた後、赤いボックスで示したように逆に上昇を引き出し出していることを見ると現在も幅広い観点で柔軟い市場にアクセスする必要があります。

短期的分析

主要な支持線を利用し現在の短期分析を行います。

分析ポイント

  1. バクスグォン横歩き(緑箱を参照)
  2. 上昇傾向(黒線)
  3. 主要支持線9,200、8,500に形成
  4. 主要抵抗線9,800、10,600に形成
  • ボックス圏横歩き
  • 上昇傾向

2つの観点で見ることができます。上昇勢い線の観点から見ると少々トレンドラインを継続し再テストを行い、これにより少々トレンドラインの支持力を減少することが可能です。

そのため、上昇トレンドラインを離脱しても、ボックス圏形態の観点で上昇が起きます。もし、ボックス圏も離脱された時上昇の勢いは勢いが失われた判断してください。

投資には短期間だけでなく、長期的な目線で見る必要性があります。自分が利用することのできる余裕のあるシードのみ売買を行ってください。