ビットコインATMのプロバイダーを統合か

Crypt News ファイル
Pocket

捜査file.08

潜入捜査官 Crypto Dogです🧥🕶

今回は、ビットコインATMについて捜査していきます!

 

かつてベネズエラの金鉱業に転身した多国籍暗号スタートアップであるFirst Bitcoinは先週、証券取引委員会(SEC)に登録したことを明らかにしました。寸断されているビットコインATMに新しいネットワークを提供するための第一歩としています。

CEOのRubin氏の計画では、数千あるATMを包括的な顧客確認・取引の監視、さらにバックエンドビジネスの側面を合理化する規制順守ソリューションとオペレーターでリンクすることが計画として挙げられています。

これに対しRubin氏は「ビットコインATMオペレーターのコンソーシアムを作成し、グローバルATMネットワークを配置したいと考えている」と述べています。彼は、このコンソーシアムが今年中にローンチされることをすでに明らかにしています。

イスラエルのホロンに本拠を置くFirst Bitcoinは、長年にわたって暗号資産の分野で活躍しており、ビットコイン交換とATMサービスを提供する企業です。 しかし、2017年にはSECによって株式取引が一時的に停止されました。

First Bitcoinのネットワークは、2015年に特許を取得しています。 SECファイリングによると、「Bitcoin Kiosk / ATM Device and System Integrating Enrollment Protocol and Method of Using Same」としても知られる米国9,135,787 B1は、昨年の夏に160万株と引き換えにFirst Bitcoinの管理下に置かれました。

Rubin氏は、この特許は単なる法律上の武器ではないと主張するとともに「知的財産権をすくい取り、侵害者を訴え、しばしば軽薄に、賠償と損害賠償を求めるようなパテントトロールになりたいとは思っていない。特許を行使するために野球のバットを持った2人の大きなイタリア人を送りたいとは思っていない」と述べています。

代わりに、First Bitcoinはこの特許を使用して、オペレーター間で参入することを公表しています。 これに対してRubin氏は、この関係は相互に有益であるとコメントしています。First BitcoinはATM手数料に匹敵する取引手数料を請求すると考えられています。

Rubin氏は、「小規模な事業者はこのグローバル化されたネットワークから最大限の利益を得ることができる。10台の機械で石器時代のように操作を続けることはできない。私たちは、セキュリティに守られている。これらの役割はビジネスを促進することであると考える」と述べています。

<<元記事はこちら>>