KT:ブロックチェーンベースの現地通貨発売を発表

Crypt News ファイル
Pocket

捜査file.06

潜入捜査官 Crypto Dogです🧥🕶

今回は、KTについて捜査していきます!

 

韓国最大の電気通信会社であるKTは、ブロックチェーンベースの現地通貨発売を発表しました。

12月19日に報道されたdongAのローカルニュースアウトレットは「トンベクジョンは、釜山の地域経済を活性化し、中小企業の管理負担を軽減するために釜山市が発行するブロックチェーンベースのカード型現地通貨である」と伝えています。

メディアは、ドンベクジョンモバイルアプリやハナ銀行、釜山銀行など、通貨にアクセスするための複数の方法をリストアップしました。

記事の中で、「参加者は釜山のどの店舗でもクレジットカード端末を使用できる」と述べています。しかし、小規模な地元企業での支出を促進するために、大規模小売業者の間では互換性はあまり見られないと報告されています。

釜山の政府は、今年2月に通信会社KTと、メディアアウトレットDecryptはブロックチェーンベースの資産構築についてすでに合意しています。

KTのブロックチェーンビジネスセンターディレクターであるユ・ヨンギュは、Decryptについて次のように語っています。

「地域通貨とブロックチェーンセキュリティの運用に関する当社のノウハウにより、KTはDongbaek Currencyの確立と釜山経済の成長への貢献に取り組んでいきます。」

Cointelegraphは2019年の初めに、7月の記事で暗号資産の開発に対する釜山の関心を見せています。

<<元記事はこちら>>