逮捕されていたイーサリアム開発者のヴァージル・グリフィスが保釈

Crypt News ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳しました!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

裁判官は、米国司法省がイーサリアム開発者のヴァージル・グリフィスに対する裁判における十分な証拠を持っていると判断しました。

サンクスギビングデイにロサンゼルスで逮捕されたグリフィスは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の暗号通貨を発展させるために支援した共謀の容疑で逮捕されました。

ニューヨーク南部地区米検事局は、金曜日にプレゼンテーションを行うためとして北朝鮮を訪れたことで「国際緊急経済力法(IEEPA)に違反した罪で起訴された」と述べています。さらに暗号通貨とブロックチェーン技術を使用して経済制裁を回避することに関する技術的なアドバイスをここで行なったということが考えられています。

フライデーコンプレインによると、グリフィスは「ブロックチェーンと平和」と題されたプレゼンテーションを行うために北朝鮮への渡航許可を求めたが、拒否されていたんです。さらに、グリフィスは、これが北朝鮮に対する米国の制裁に違反することを知っていたにもかかわらず、「北朝鮮と韓国間の暗号通貨-1の交換を促進する計画を策定し始めた」と検事局は訴えていました。

しかし月曜日の午後に行われた公聴会に続いて、グリフィスの代理を務めるベイカー・マーコートのブライアン・クライン氏は声明の中で、「保釈金の支払い後に開発者が刑務所から釈放される」ことを明らかにしました。

さらに彼は「本日、裁判官がヴァージルを裁判中の刑務所から釈放すべきだと判断したことについて、非常に嬉しく思います。刑事告発における未検証の申し立てに異議を唱えます。ヴァージルは、この事件の真相が全て明らかになる日を楽しみに待っている」と述べています。

クラインは、ビットコインの起業家であるチャーリー・シュレムやセキュリティ研究者のマーカス・ハッチンズなど、暗号通貨とサイバーセキュリティの世界で多くの著名人の代理を務めている人物です。

クラインは、2018年11月にビットコインで2,600万ドルを支払ったと主張してシュレムを訴えたキャメロンとタイラー・ウィンクルボスとの和解交渉を担当した経験があます。米国当局によってKronosマルウェアを作成したと非難されたハッチンズは、有罪を認め、1年間の監視生活を条件に釈放されました。

訂正:この記事の公開後、グリフィスを代表する弁護士は、保釈金が支払われるまでクライアントが保留されると付け加えています。 「これには通常数週間かかる」とクラインは付け加えています。

<<元記事はこちらから>>