ブロックチェーンを利用した不動産ソリューション:ASK ESTATEとは!? IMOに参加決定!

プロジェクト捜査ファイル
Pocket

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、スマート社会を目指した不動産技術ソリューション「Ask Estate」について紹介していきます

Crypto Dog 公式LINEではおすすめ記事を紹介しています!ぜひ友達追加してください!

Ask Estateの最新情報

Twitter&InstaでBTCが当たるキャンペーンを実施

<Twitter>

総額1万円分BTCエアドロップを行います。

2500円分BTCが4名に当たります。

<参加方法>

フォロー&RT

<期間>

7/3-13まで


<Telegram>

クイズに答えて総額1万円分BTCが当たります!

2500円分BTCが4名様に当たるため、クイズに正解すればするほどチャンスがあります。

<参加方法>

テレグラムのクイズに回答して正解する

<期間>

7/3-13まで

詳しくはこちらまで

ASK Estateのプレセールで利用可能なI福袋キャンペーンをIMOが開催中!

現在、IMOウォレットでAsk Estateのプレセールで利用可能なUDS0の福袋キャンペーンを実施しています。

獲得したUSD0は6月29日の20-21時に開催されるAsk Estateのプレセールで利用することが可能です。参加者全員にUSD0の獲得可能性があるこの機会に参加しましょう。

<開催期間>

2020619日午前1時~626日午前1

 

詳しくはこちらから

ASK Estateのプレセール時間が変更

ASKのプレセール日時が、

  • 毎週月曜〜金曜(土日以外毎日)
  • 20時

から開催となりました!

IMO、開始直後に完売

ASK EstateのIMOはほとんどのラウンドで販売直後に完売しています!

今後のラウンドも販売直後に完売してしまう可能性があるため、販売開始時間に注意しましょう。

 

ASK Estate:新たな提携先を発表

ASK Estateは新たにフィリピンの不動産業界の企業であるGlobal Strategy Real estateと提携をしたことを発表しました。

キャッシュバックキャンペーンを実施中

AKのIMO開催にともな、ASKのご購入がくの20%相当のBTCが30名に抽選で当たるキャッシュバックキャンペーンを行っています。

<参加方法>

  1. ASKのTwitterをフォロー&こちらのツイートをリツイート
  2. ASKを6月8日以降のIMOで購入
  3. 購入日時、枚数がわかるスクリーンショットをこちらまで送信する

Ask EstateがIMOに参加

Ask EstateがIMOを行うことを発表しました。

6月上旬にIMOウォレットでプレセールを行い、IMO取引所にも上場する予定です。

IMO参加にはIMOウォレットの登録が必要です。

Amazonギフトキャンペーンを実施

Ask EstateはIMOを記念し、1,000円分のAmazonギフト券を抽選で10名にプレゼントします。

<応募方法>

  1. Ask Estateツイッターをフォロー
  2. こちらのツイートをリツイート

<応募期間>

5/21〜5/31 23:59まで

Ask Estateとは

ASKとは、ブロックブックチェーンを利用し、バイヤー・セラー・ブローカーの不動産セクターに革命を起こすことを目的としたスマート社会のための不動産技術ソリューションです。

現状の問題点

Ask Estateは現状の問題点として以下の6つをあげています。

現状の問題点

  1. 標準化
  2. 速度
  3. 流動性
  4. 透明性
  5. 適切な価格
  6. 接近性

標準化

問題点

2020年の現在も電子取引と不動産取引の記録は一貫したグローバル基準がない状態です。今後ますます、電子・不動産取引に関するシステムは増加することが予測され、このまま一貫した基準がないままでは混乱を招き、時代に適していません。


Ask Estateの解決法

世界の複数のリスティングシステムを1つの強靭なXMLベースの標準のセットと統合します。

速度

問題点

オンライン不動産サービス市場では、「標準化」で示したとおり、一貫した基準が設けられていないため、古いシステムで示された手順を踏むしかなく、所有権の登録等で長い時間がかかってしまいます。


Ask Estateの解決法

事務的作業をカットすることでプロテストを1つの統合したシステムに統合し、全てを加速化します。

流動性

問題点

流動性の問題は常に不動産業界につきまとってきた問題です。不動産所有者は費用の現金化を行う流動性の遅さに常に頭を抱えていました。


Ask Estateの解決法

ブロックチェーンの不変の台帳により契約上にコミットメントを確保し、流動性曲線を先取りします。

透明性

問題点

「標準化」の欠陥により不動産取引には多くの抜け穴が存在していました。その抜け穴は悪質な資産所有者に対し、マネーロンダリングなど様々な詐欺行為を許していました。


Ask Estateの解決法

完全な透明性と説明責任を初めから要求することにより、不正を防止します。また、デジタル署名によりそれを強化しています。

適切な価格

問題点

不動産取引は不動産自体が高額なことに加え、買い手は取引料・税金・弁護資料・ブローカー料など様々な手数料を支払う必要がありました。


Ask Estateの解決法

不動産取引に置いて伴う関係者全員の無数の手数料や税金を最大限削減します。

接近性

問題点

不動産市場は、取り扱う商材が高額であることに加え、参入に一定のステータスとネットワークが必要であるため参入の障壁がとても高いと言えます。


Ask Estateの解決法

ブロックチェーンとインターネットを利用したネットワーク作りにより参入障壁を取り除き、投資したい意思を持つ全てバイヤーは高率的な方法で迅速に探すことが可能です。

Ask Estateの特徴

Ask Estateのデジタルコントラクト

現在のデジタルコントラクトのほとんどはPDFファイルに変化したもの利用し企業間のやりとりを行っています。つまり、PDFファイルが現在の標準となっていますが、これは、拡張のために設計されたものではないという欠点があります。

Ask Estateは契約メタデータとブロックチェーンスマートコントラクトを組み合わせ、従来の契約書を1つの基準に統一したASKデジタルコントラクト(DC)を作成できるようにしました。

DCは一見PDFファイルの契約書と違いがないように見えますが、ソースを見ると明らかな違いがあります。それは、DCは機械の読み取りが可能だということです。つまり、人間と機械の両方が読み取りが可能ということです。

また、DCには契約条件が全て記載され、従来の契約書としても役割を果たすとともに、自己実行と自己執行を行い、スマートコントラクトとしても役割の役割も果たします。

Ask Estateのプラットフォームレイヤー

Askプラットフォームは以下の5つのレイヤーで構成されており、そのうち1つのレイヤーは二重構造になっています。各レイヤーが異なる機能を示します。

ASKプラットフォーム

  1. ASKサービスレイヤー
  2. ASKデジタル契約レイヤー
  3. ASKネットワークレイヤー
  4. ASKデジタルコントラクト(DC)規格&ASKコイン
  5. ブロックチェーンレイヤー

ASKサービスレイヤー

ASKサービスレイヤーは主な業務を執り行ういわば「経営レイヤー」のような役割を果たします。

物件一覧から物件検索・買い手と売り手間のコミュニケーション・交渉・物件検査・土地所有権と鍵の引渡しまで、 トランザクションのすべての実用的な要素を監督します。

ASKデジタルコントラクトレイヤー

ASKデジタルコントラクト(DC)レイヤーは人間が契約書の内容を読み取り可能にすると共に、機械が読み取り可能なASK DCの生成を行います。

不動産売買・賃貸契約の条件を正確に報告し、各トランザクションが完了後契約完了として更新されます。また、各プロセスで契約内容が正しく行われているかチェックを行います。

ASKネットワークレイヤー

AKSネットワークレイヤーはバッグエンドとフロントエンドを繋ぐ役割を果たします。つまり、ASKシステムとエコシステム上の参加者を繋ぐ役割を果たしています。

ASKデジタルコントラクト(DC)規格&ASKコイン

このレイヤーはブロックチェーンと通信する二重レイヤーになっています。

ASK DC規格は明確化かつ包括的な電子規格を確立させる役割を果たしており、ASKコインは、取引が行われるASK ESTATE独自の暗号通貨です。

全てのトランザクションはASK DCレイヤーに接続され、トランザクションの有効化が行われます。また、すでに確立され、利用されている地域基準にも対応します。

ブロックチェーンレイヤー

ブロックチェーンレイヤーは不変の元帳のトランザクション、そのトランザクションのステータス、および所有権の決定的かつ不可逆的なレコードとして機能します。

ブロックチェーンレイヤーはトランザクション・契約など様々な記録を不変的な台帳に記録する役割を持ちます。

ASKプラットフォーム

Ask Estateの検索

世界中にある膨大な量の不動産リストを正確で迅速な検索を行うことは、サービスにとって不可欠であり、最も重要な工程の1つです。

ASKネットワークは、世界中の主要な不動産データベースを接続し、それぞれのデータベースから、世界で最も包括的な不動産データベースになる可能性のある結果を取得します。

これを可能にするために、ASKは開発当初から世界の主要な地域の不動産協会の標準を統合しています。最大かつ最も簡単にアクセスできるリストのセットを持つものプラットフォームを目指しています。

ASKの保証されたブローカー

不動産会社または代理店(ブローカー)は、ASK認定マークを取得するために一定量のASKコインを預ける必要があります。

ブローカーは自身のトークンの価値を上げるためにもASKネットワークに貢献し、クライアントに最高品質のサービスを提供する必要があります。

このような仕組みにより、Ask Estateはブローカーの品質を保証し、ユーザーに最大限のサービス提供を行っています。

ASKエスクロー

ASKエスクローは両当事者(不動産所有者と不動産購入者もしくは不動産借人)の利益を保護するために設計された金融取引の仕組みです。つまり、取引が完了するまで両者の保証金を第三者に預託するということです。

そのため、エスクローは信頼できる人物でなくてはなりません。ASKネットワークでは、デジタルコントラクトがこの役目を果たします。

デジタルコントラクトエスクローはASKネットワークと連携し、売り手と買い手の両者に高いセキュリティを提供するとともに、両者の義務を遂行させます。

取引において必要である事項を満たした時のみ取引は完了し、ブロックチェーン上に記録されます。

エスクローとは

エスクローとは第三者預託を表す言葉です。

Ask Estateの詳しいサービス

Ask Estateのローン

ASKプラットフォームは、適格物件所有者に「物件株式ライン信用貸出(Home Equity Line of Credit/HELOC)機能」を提供します。住宅所有者は、確認済みのASK不動産ブローカーから信用枠を受け取ることができます。

手順は以下の通りです。

  1. 住宅所有者は、確認済みのASK不動産ブローカーに申請書を提出します。
  2. 検証済みのブローカーが値を検証し、家に配置します。
  3. ブローカーはASKネットワークにアプリケーションを送信します。
  4. 承認されると、ASKネットワークはブローカーに資金(暗号通貨:ASK・BTC・ETH・XRP・USDT)を提供し、ブローカーは住宅所有者に信用枠を送信します。

Ask Estateのレンタル

ASKプラットフォームを使用すると、ユーザーは物件を売買できるだけでなく、 物件所有者が自身の補修する物件を賃貸物件としてリストすることも可能です。

別荘不動産市場は急速に成長している市場の1つであり、2020年までにホテル業界を超えると予測されています。

ASKプラットフォームを利用することにより、ユーザーは不動産の売買だけでなく、物件所有者が物件の貸し出しを可能にしています。これにより、物件所有者は不動産を購入し、貸し出すことにより収益を産み出しさらにASKプラットフォームが活性化させることが可能です。

ASKプラットフォームは2-3ヵ月の長期レンタルにも対応しており、全ての物件は長期滞在ように家具付きで利用を進めることも可能です。

分件所有者の保護と宿泊施設と宿泊施設の品質を確保するため、物件所有者は一定のASKコインをネットワークに預ける必要があります。また、利用者も支払い保証のため、少量の利用料とASKエスクローをあらかじめ預ける必要があります。

Ask Estateのステーキング

ASKネットワークは、

ASKネットワークの関係者

  • 購入者
  • 販売者
  • ブローカー
  • ASK投資家
  • ASKプラットフォーム

の間で相乗効果と透明性を生み出すように設計されています。これらの証明にはASKコインが利用されています。

上記で説明した通り不動産会社(ブローカー)は信用されていると実証するために、ASK ネットワークで一定量のASKコインを預けなければなりません。

また、ユーザーがASKネットワークで賃貸用の宿泊施設をリストするためには、ユーザーはASKネットワークで一定量のASKコインを預けなければならないという仕組みになっています。

ASK投資家は、ASKネットワーク(ASKウォレット)でASKコインを預けて、ASKプラットフォームが生成する収益から暗号通貨の形で報酬を受け取ることができます。

プラットフォームのローンチ前に、ASKウォレットでASKコインを保持しているASK投資家は、ASKポイントを受け取ります。長い間ASKコインがウォレットで所有していればいるほど、より多くのポイントが獲得されます。

ASKポイントには以下のような特徴があります。

ASKポイントの特徴

  1. ASKポイントはASKコインに変換できます。
  2. ASKポイントは特典チケットの購入にも使用できます。
  3. ASKポイントはランキングシステムとして機能します。プラットフォーム後のリリース:ランクが高いほど、プラットフォームから得られるメリットが多くなります。
  4. ASKポイントは、プラットフォームでのASK Stableプロジェクトの起動後にASK Stableに変換することもできます。
特典チケットの短期特典購入について

特典チケットは短期特典特典として機能します。

例:1か月のリワードチケット

チケットがない場合:投資家は2週間ごとに報酬を受けとる

チケットを使用する場合:投資家は毎週1か月間報酬を受け取る

ASKの購入方法

Ask Estateを利用した不動産購入方法の例をご紹介します。

  1. シンガポールの不動産所有者が所有する物件をASKプラットフォームに掲載する
  2. 日本の不動産を購入したいユーザーがASK認定の不動産会社に連絡する
  3. 買い手はASKプラットフォームで物件一覧を検索する
  4. 不動産業者は、掲載した物件を有効化するための審査受ける
  5. 買い手と売り手がASKデジタルコントラクトを結ぶ
  6. 買い手がエスクローに頭金を送金する
  7. 買い手はエスクローへの最終的な支払いを行う
  8. 売り手は鍵と土地の権利を買い手にを引き渡す
  9. 事前に合意した期間の後、エスクローの資金が売り手に返金され、プロセスが終了

ASKコイン

ASKコインの基本情報

トークンシンボル:ASK

総発行枚数:5,000,000,000

契約アドレス:0x72A300cde0585FD363FC6DcbFB25950D7dfE5a8C

トークン配分

トークンセール:7.0%

エコシステム&報酬:30.0%

蓄え:35.0%

チーム&アドバイザー:8.0%

開発:20.0%

資金配分

R&D:35.0%

エコシステム発展:25.0%

マーケティング&ビジネス開発:20.0%

オペレーション:15.0%

リーガル:5.0%

Ask Estateのメンバー

Ask Estateは韓国で最も有名なクリプトトレーナーがチーム作成を行いました。

以下のチームメンバー意外にもhyundaiの資産運用チームのチーム長なども含まれていmす。

Valent Choo:CEO

企業の組織統合をサポートする側、より高いTVLを達成するために企業に担保ローンなどを提供するなどの実績をもつ人物です。

20代の仕事関連パフォーマンスや、教育関連の雑誌などで特集されています。

Andrew Lima:COO

暗号資産とブロックチェーンエコシステムに経験を持ち、米国のスタートアップに資金提供・人的支援を通じて支援を提供してきた人物です。

Hiromasa Suzuki:CMO

GSR株式会社(マカティに本社をおき、フィリピン・日本に支社をおく専門企業)CEO。

Angela Rin Chain:CFO

香港大学で経営学と経済学を専攻し、暗号資産の投資と開発の経験を持つ人物です。

Tony Cuong:VP・ブロックチェーンアドバイザー

シンガポールのAmara Sanctuary Resort Sentosaにてスパーバイザーを行っていた経験をもち、ブロックチェーン開発と実装を行ってきた人物です。

Ask Estateのロードマップ

2020年Q1

・企業の設立完成

・コアチームの選定完了

2020年Q2

・ホワイトペーパー

・IR deck完了

・ウェブサイト完了

・開発アーキテクチャ完了

・販売および取引所上場

2020年Q3

・MVP開発

・スマートコントラクト開発

・ASKデジタルコントラクト開発

2020年Q4

・MVPデータリリース

・プラットフォーム開発

・MLS統合

・追加の取引所上場

2021年Q1

・MLSリリース

・プラットフォーム開発

・MLS統合は継続

2021年Q2

・プラットフォームデータリリース

2021年Q3

・ASKプラットフォームローンチ

Ask Estateの基本情報

Ask Estate公式HP

Ask Estateの公式Twitter

Ask Estateの公式Telegram