イラン:大統領がアメリカの経済支配を避けるために、独自暗号通貨の必要性を強調

Crypt News ファイル
Pocket

捜査file.04

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、イランについて捜査していくぜ!

 

イランのハッサン・ルーハニ大統領は、イスラム世界は国際貿易におけるアメリカの経済支配と戦い、ドルへの依存を削減するために独自の暗号通貨を必要とすると報告しました。

「イスラム世界は、米ドルとアメリカの金融体制の支配から身を守るための手段を設計すべきである」と彼は木曜日にマレーシアのクアラルンプールで行われたサミットで述べています。

ドルは国際取引で最も一般的な通貨であるために、イランは米国による厳しい経済制裁に見舞われています。また、米国の金融機関が海外で投資する方法を制限していることもこの大統領が懸念していることの1つであると言えます。

イラン政府は、米国の制裁を回避するためにビットコインなどの暗号通貨の使用を拡大することに取り組んでいます。

Gate Tradeが行なった9月の調査によると、暗号通過はイラン人の間で最も人気のある投資の1つとなっていることが明らかになっました。ここで調査対象となった1,650人のイラン人投資家の3分の1以上が採掘によって500ドルから3,000ドルを稼ぎ、58%がこの取引を通じて収入を得ています。

調査によれば、ビットコイン保有者のほとんどは長期投資家で、暗号通貨を1年以上保有するのが一般的になっています。

報告書によると、ローハニはイスラム諸国に対して、現地通貨での取引を奨励するシステムを構築するとともに、リンケージを強化するための優先貿易政策を作成するよう促しましました。

<<元記事はこちらから>>