SEC:未登録セールのICOに罰金請求

Crypt News ファイル
Pocket

捜査file.07

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、ICOについて捜査していきます!

 

2017年12月以降に発行されたすべてのICOは、その時点で警告レポートがリリースされたため、SECの精査の対象となる可能性があることが明らかになりました。

SECは、2017年末に未登録トークンを販売したことをブロックチェーン(BCOT)に請求しました。ICOは、投資家に資金を返還する一方で、和解することに同意しました。 BCOTトークンは、登録済みアセットとして再起動する場合も考えられるとのことです。

BCOTプロジェクトには、250,000ドルのも罰金が請求されています。 ICOに関するデータには、2017年末に完了した1つのセッションと、2018年5月に開かれた別のセッションが含まれています。そして2019年12月にも開かれた最終セッションもその1つです。

SECの執行部門のアソシエートディレクターであるキャロリンM.ウェルシュハンスは、次のように述べています。

「投資家に補償と必要な情報を提供し、未登録の募集を行った企業に連邦証券法に準拠して前進する機会を提供するために、注文などの適切な救済策を引き続き検討します。」

ICOはベトナムで登録されているにも関わらず、明らかに米国のバイヤーを対象としており、SECの推定ではすでにバイヤーから1,300万ドルも調達しています。これを受け、ICOにはチームが未確認であるという警告も表示されています。

SECはトークン販売のパラメーターに関するレポートをすでに発表しています。 2017年12月付けのこの出版物は、トークン販売プロジェクトが深刻な制裁に直面する可能性があると指摘しています。またこのレポートでは、トークンが未登録のセキュリティと見なされるかどうかを判断するためのテストの概要が説明されています。

このレポートから一部のプロジェクトに、罰金が請求されることとなりました。しかしこの罰金を支払うことで運用を継続しています。他プロジェクトには中止を余儀なくされたものや資金返還を余儀なくされたものも存在します。米国はトークン販売で主要な地域の1つではあるものの、現地の証券法が最も不利であることが判明したため、新興企業は深刻な法的悪条件に陥っています。

<<元記事はこちら>>