ビッグデータが投資、取引に与える影響

Crypt News ファイル
Pocket

過去数年の間に投資家や取引に一般の人々が簡単にアクセスできるようになり、トレーダーや投資家は自分の選択したあらゆるグローバル市場に投資することが可能になりました。基本的に、投資や取引を取り巻くテクノロジーは絶えず変化、開発、改善しており、トレーダーや投資家が投資判断を下すのに役立っています。

近年、技術業界では大きな変化と発展があり、特にビッグデータの台頭は取引や投資業界にどのように影響を与えるか注目されています。ビッグデータは企業が膨大なデータセットを簡単に扱えるようにし、顧客の投資判断に利用することが可能になっています。以下に、このイノベーションが投資やトレーディング全般にどのような変化をもたらしているかをご紹介いたします。

分析

投資家は、情報に基づいた投資判断を行い、将来的に市場がどのように振る舞う可能性があるかを理解するために、投資対象となる市場のデータを継続的に見て分析しています。

ほとんどの市場は変動性があるため、彼らが使用したデータは膨大な量で提示されることが多く、分析して有利に利用することは困難です。ありがたいことに、ビッグデータ技術は、大規模なデータセットのトレンドを潜在的に認識し、その情報を投資家に提示することで、この問題を解決しており、投資家はその情報を使って投資や取引戦略に応用することができます。

SaSによる研究によると 「ビッグデータ分析では、大量のデータを調査して、隠れたパターンや相関関係、その他の洞察を明らかにします。今日のテクノロジーを使えば、データを分析して、すぐに答えを得ることが可能です。従来のビジネスインテリジェンスソリューションでは時間がかかり、効率的ではありませんでした。」と発表しています。

策略

ビッグデータにより、膨大な量のデータを分析・解釈できるため、トレーダーはより多くの情報に基づいた戦略を構築することができ、将来的には投資に対してより大きなリターンを得ることができる可能性があります。

「これらの戦略は、特にトレーダーが働く狭い時間枠の中では、検出することが非常に困難な、はるかに複雑なトレンドに適用される可能性があります。ビッグデータを利用することで、投資家は複雑なトレンドを発見し、そのトレンドに合わせた戦略を作成して、あらゆる変動から資金を守ることができます。より発展した戦略が世界中のトレーダーや投資家に導入されるようになると、投資のパターンや態度も、ビッグデータ技術が投資や取引にどれだけ適用されるかによって、大きく変化する可能性があります」世界中の大企業向けの分析ソリューションを提供するGlobalytics Tech Research (GTR)のCEO、フランク・リチャーズ氏はこのように説明しています。

新しい機会

トンネルビジョンは、多くの投資家が直面する最も深刻な問題の一つです。ほとんどの人は伝統的な投資にばかり焦点を当て、ポートフォリオの分散化の重要性を忘れています。株式や債券に投資する際には、多くの場合、実績のある企業への投資に焦点を当ててしまいます。有価証券の市場は非常に効率的であることが多いため、これは大きな間違いである可能性があります。

市場が効率的であれば、投資家はフォーチュン500社の中から割安な銘柄や債券を探すのに苦労します。投資している証券で勝ちたい投資家は、あまり注目されていない銘柄に注目して探す必要があります。 

調査に基づくと、「ビッグデータを使えば、こうした投資を見極めるのが格段に簡単になります。世界中のあらゆる規模の企業の公開されている証券データを見ることができます。これにより、株主資本利益率が低い企業やその他の重要な財務変数をスクリーニングすることで、過小評価されている投資を特定することができます。」とテクノロジージャーナルに発表されました。

まとめ

投資や取引は、多くの人にとって簡単なことではありません。幸いなことに、ビッグデータのような先進技術がこのプロセスを容易にし、より多くの人が様々な投資や取引に参加できるようになりました。また、ビッグデータは市場をより効率的にしますが、FX、クリプトカレンシー、その他の取引機会を含む様々な市場で多くの機会を生み出します。