タイ:仮想通貨の競争力を保持するために2020年に法律変更

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳したぜ!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

タイの議員は、彼らが国を競争力のないものにしたという懸念を表明した後、暗号通貨法を改正する予定だぜ。

バンコクの郵便局が11月25日に報じたように、タイの規制当局である証券取引委員会(SEC)は、2020年に暗号ポリシーを再検討したいと考えているぜ。

SECは暗号で「柔軟」でらないぜ。その理由は、暗号通貨ビジネスによる認証とライセンススキームの不十分な取り込みにあると言うぜ。

昨年発効して以来、認証を完了した企業は5社のみで、そのうち2社のみが認証を開始したぜ。

現在、修正は表にあるが、SECは現在の慣行がどのように変化するかについての正確な詳細をまだ提供していないぜ。

「規制当局は市場環境に合わせて規則や規制を適用できる柔軟性を備えていなければならない」とバンコクタイムズはSECの事務総長Ruenvadee Suwanmongkolを言ったと述べたぜ。

また、 「法律は時代遅れであってはならず、特に新しいデジタル資産製品の市場ニーズに応え、グローバル市場と競争する必要がある。そのため考えられる障害を探る必要がある。」

承認されたICOが1つだけ開始し、タイは、SECからの正当な承認なしにデジタルトークンを販売しようとする者に厳しい罰則を課しているぜ。これらには、少なくとも500,000バーツ(16,540ドル)の罰金のほか、2年の懲役刑が含まれるぜ。

それにもかかわらず、先月開始された新しい規則に基づく国の最初の初期コイン提供(ICO)は、数年前の国家政策からの大幅な前進を示し、完全な暗号通貨の禁止を支持したぜ。

特に、世界中のICOはほとんど消滅しましたが、アナリストは規制圧力の高まりに勢いがないと考えているぜ。