スリランカ:中央銀行がブロックチェーンベースのKYC提案

Sri Lanka money Rupee, banknotes and coins.
Crypt News ファイル
Pocket

捜査file.04

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、スリランカの銀行について捜査していくぜ!

 

スリランカ中央銀行は、ブロックチェーンベースの顧客を知る(KYC)プラットフォームを開発したいと考えています。

11月29日、ウェブサイト行われた公募では、銀行業界向けの「概念実証」共有KYCシステムを構築できるハイテク企業を探していると発表しています。

「デジタル化された金融サービスに対する需要の高まりにより、スリランカはブロックチェーンテクノロジーを採用してスリランカの金融セクターをさらに前進させる可能性を評価する機会を得た」と述べています。

このプロジェクトは、スリランカの中央銀行とスリランカ国内のハイテク企業全体のコラボレーションになる見込みです。ここにはスリランカのハイテク金融とハイテク産業の専門家が関与していると言われています。

プレスリリースで概説されている共有KYCシステムによって、商業銀行と中央政府はブロックチェーン上の顧客データを共有および更新できることになます。

これにより、金融セクターの効率を高めるいくつかの潜在的なユースケースが促進されると予想されています。またこれは「スリランカへの金融包摂の増加に役立つ」と発表されています。

しかし、リリースはそれ以外の点では詳細が不足しているのが現状です。銀行はKYCプラットフォームのハイレベルデザインの作成を少なくとも2年必要としています。

10月には、金融行動特別委員会(FATF)のマネーロンダリング防止・テロ対策資金調達の「戦略的欠陥」がブラックリストから削除され、国がリストに掲載されて以来、国防が強化されたことを示しすこととなっました。

FATFは、「マネーロンダリング防止・テロ対策資金調逹制度の改善におけるスリランカの重要な進展を歓迎し、スリランカがこの制度の有効性を強化したことに留意する」と10月に述べています。

<<元記事はこちら>>