Moon:アマゾンで暗号通貨の利用を可能に

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳したぜ!

 

皆さんも一度はAmazonを利用したことないか?この度、「Moon」の新しいスタートアップにより、暗号通貨での支払いがAmazonにて可能になるということだ。

Moon:新しい支払い方法

Moonは、3人という少人数からなる企業だ。その企業は現在、暗号通貨に関する取り組みで話題を集めているぜ。今回Moonから発表された取り組みは、Lightning Networkを介し、Amazonで購入したアイテムの支払いを暗号通貨で行うというものだ。これは、ビットコインブロックチェーンのトランザクション速度を高めると言われています。しかし、多くの意見が持ち上がり、議論される対象ともなっているぜ。

ビットコインは、暗号通貨の基盤と言われているぜ。およそ10年で、ビットコインを基盤にイーサリアムやEOSなどのアルトコインが生まれたぜ。しかしビットコインに比べ、多くの最新技術の欠陥が明らかになっているぜ。したがって、ビットコインは今日の暗号通貨の中で最も人気があるため、時価総額が最大となっているぜ。しかし一方で、速度低下も見られるぜ。ビットコインを用いて取引を行う場合、数日を要しますが、他の暗号通貨では数時間または数分で取引が完了するぜ。

したがって、速度低速を改善するためにLightning Networkが構築されたぜ。 Moonを通じて、Amazonで購入したアイテムの支払いがビットコイン・イーサリアム・ライトコインで可能になったぜ。 Moonは、Google Chromeブラウザでアプリのダウンロードが可能であり、またBraveおよびOperaからも入手することができるぜ。

暗号通貨での支払いは、多くのコインクリエーター間で大きな目標とされてきました。ただし常にコイン価格が変動し続けるため、実現は不可能に近いと言われてきたぜ。価格変動は間違いなく暗号通貨が直面している最大の壁であり、これが解消されない限り、支払い方法として暗号通貨を使用することは難しい。

たとえば、BTCで50ドル相当の商品を購入し、次の日に通貨の価格が下がったとするぜ。その場合、購入したアイテムはそのまま残りますが、購入した会社は損失を伴うことになるぜ。小売業者や受信側の当事者にとって常に公平であるとは限らないため、暗号通貨が必要とされている目的をいつも果たすことができるとは限らないぜ。

さらに、商品やサービスと引き換えに、暗号通貨を受け入れるシステムに関心のある小売業者が増えてきているぜ。それに応じて、彼らを支援するために設計されたプラットフォームがこれまでにも多く登場しているぜ。しかし、9月下旬に発表されたBakktを見てみると、それほどのインパクトもないデビューとなったぜ。

Moonの使用方法

Moonの操作は比較的簡単に行うことができます。 Amazonページにログイン後、アプリケーションは自動的に現在地を把握。精算準備が整い次第、対象となる会社の支払いウィジェットを挿入し、暗号通貨での支払いが完了という順序になっています。

Lightning Network上に構築されたビットコインウォレット、または標準のCoinbaseアカウントを利用することで支払いが可能になるぜ。まだ完成形とは言えないものの、以前と比較すれば大幅に有効なものとなっているぜ。

Moonは、米国およびカナダを拠点とする顧客が対象となる予定だ。

<<元記事はこちらから>>