Facebookは規制当局の延期規制にもかかわらず、Libraの2020年発売を設定

Crypt News ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、世界初!CROSSexchange(クロスエクスチェンジ)で行われる暗号資産のTOBについて解説します。

 

FacebookのCalibraの責任者であるDavid Marcusは、規制当局のプロジェクトに対する激しい敵意にもかかわらず、Libraの2020年の立ち上げが会社の目標であると述べています。

9月20日にスイスの新聞NZZとのインタビューで、彼は、このインタビュー内で、Libraの背後にあるチームがすべての懸念に適切に対処し、適切な規制環境を作成する必要があると述べました。

「Libraは、規制上の問題よりも大きなユーザー受け入れ問題に直面しているようです。」
マーカスは、ソーシャルメディアの巨人が計画している安定コインが中央銀行の通貨を混乱させる可能性があるという規制当局の懸念に対処しました。
グローバルな金融システムの政策と不安定化。

表向きは、stablecoinがFacebookの3つの完全所有アプリであるWhatsAppMessengerInstagramの毎月27億人のユーザーにさらされる可能性があることで表れています。

しかし、マーカスは、Libraからの主権金融政策への将来の脅威に反対し、次のように主張しましました。

「Libraは従来の通貨と1対1で預け入れられ、新しいお金は生み出されません。利子および利回りへの影響はありません。この意味で、Libraの準備金も金融政策を乱すことはできない。いずれにせよ、将来ユーザーがLibraでエスプレッソにお金を払うことはまずない。代わりに、国際的な支払いや小額支払いなどのメリットを提供する場所で使用する。」

対照的に、経営者は、デジタルコインが最初に「規制問題ではなく受け入れ問題を見る」と予想し、消費者がLibraを使用できる対象を適切に把握するのに時間がかかると指摘しました。彼は、利害関係者が堅牢な識別手順を受ける必要があるため、ネットワークはその開始時に「かなりの摩擦」をたぶん見るだろうと付け加えました。

FacebookはCalibraのデータにアクセス不可能になます。近年Facebookを悩ませる大きな論争とユーザーデータの取り扱いを考慮して、NZZはユーザーのプライバシーを保護するプロジェクトのアプローチに関してMarcusを調査しましました。

これに応えて、彼はFacebookがCalibraのデータにアクセスできないと主張し、ソーシャルネットワークのデータとLibraの支払いネットワークのデータは厳密に分離されたままであることを強調しました。

報告されているように、Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグは先週ワシントンD.C.で政策立案者との一連の会議に参加し、プライバシー、競争、政治的コンテンツの取り扱いなどのインターネット規制事項について議論しましました。

上院議員との夕食会で、CEOは、Facebookが米国外で最初に立ち上げることを選択するかどうかなど、Libraに関して特定の質問を行ったと報告されています。

ジョシュ・ホーリー上院議員は、Zuckerbergとの別の会議についてツイートし、CEOが検閲に関する独立した第三者監査への提出を検討することを拒否し、FacebookがWhatsAppとInstagramを販売する可能性のある顔を見せることを拒否したと主張しましました。