ブロックチェーンって何? ー初心者向けブロックチェーン解説ー

初心者ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

ブロックチェーン初心者向けの記事です。本記事ではブロックチェーンの情報をわかりやすく解説していきます。

Crypto Dog 公式LINEではおすすめ記事を紹介しています!ぜひ友達追加してください!

ブロックチェーンって何?

ブロックチェーンとは簡単にいうと、誰でも見れる台帳のことです。いくつか取引情報をまとめ、ブロックとしてそれを一本の鎖でまとめて行くような形からブロックチェーンという名前がつきました。そして上に分散型台帳とあるため、権限が一点に集中するような銀行のような管理者が存在することはありません。

ブロックチェーンにおけるメリット・デメリット

3つのメリット

  • 手数料が安い

ブロックチェーンには中央管理者がいないため、手数料を支払う必要がありませんしたがって海外送金などをする際には非常に便利です。


  • トラストレス

今までは信頼できない人と取引する不安を解消するために第3者を介して取引をしてきました。しかしブロックチェーンを使用するのであれば、信頼できない相手とも安心して第3者を通さずに取引を行うことが可能です。


  • 高いセキュリティー性

先ほども紹介した通り、取引記録を暗号化して保管・共有するため、ほぼ改ざんや不正は不可能です。

3つのデメリット

  • 時間がかかる

取引を承認するのに時間がかかるため、店頭での即時決済などには不向きです。


  • 膨大な処理能力

上記でっも述べたように、日々ブロックチェーンを維持するにはマイナーたちのスーパーコンピューターが膨大な計算を24時間行なっています。したがって、仮に報酬が予算と見合わなくなった場合に時間がかかってしまいます。


  • データ以外の管理が不可能

ブロックチェーンはデータ以外のものを記録することができません。

様々なブロックチェーン

ブロックチェーンには様々な種類がありますが、以下の3種類が代表的です。

特徴

  1. パブリック型
  2. プライベート型
  3. コンソーシアム型

ではこれらについて詳しく記載していきます。

パブリック型

パブリックブロックチェーンは取引記録が世界中に公開されています。また、誰でも参加することができるブロックチェーンとなっています。この形態のブロックチェーンは非許可型ブロックチェーンと呼ばれることもあります。

ほとんどのパブリックブロックチェーンは、マイナーに対して報酬を暗号通貨で与える仕組みであるため、正しい選択を行わないと得をしない仕組みが導入されています。したがってマイナーが増えれば増えるほど不正や改ざんに対して強くなる性質があります。

メリット

  • 管理者がいない

これはパブリックブロックチェーンの最大の魅力です。管理者がいないことで非中央集権型、つまり分散型で誰でも参加が可能になり、取引公開がされるため、裏を返せばそれだけセキュリティが強いということになります。


  • 不正がほぼ不可能

上記でも述べましたが、取引が世界中に公開されているのと多くの人の承認が必要なために、不正がしにくいのもメリットにあげられます。

デメリット

  • 取引に時間を要する

管理者がいないことで、多くの取引の承認が必要なため、取引完了までに時間がかかってしまいます。


  • 特定された場合に他者に履歴が知られてしまう

誰でも閲覧可能なため、万が一個人が特定されてしまうとなると取引履歴から残高まで全てがわかってしまうというデメリットがあります。

プライベート型

こちらは権限が1箇所に集中している形態のブロックチェーンになります。参加者も限れるため、自由参加ではなく管理者の承認を必要とする許可制となっています。また許可型ブロックチェーンなどとも呼ばれています。

金融機関などにも適したブロックチェーン です。

メリット

  • 承認時間がかからない

参加者が限られているため、承認までに時間があまりかからず取引がスムーズです。


  • ブロックチェーンの仕様変更が簡単

参加者が少なく合意がすぐに得られるので仕様変更が他と比べて簡単です。

デメリット

  • カウンターパーティーリスク

管理者による改ざんや不正など何か問題があった場合に、取引が正しく行われない可能性が高くなっています。


  • 中央集権型

分散型で非中央集権型が売りのパブリックブロックチェーンとは違い、管理者がいるため従来の円やドルに近いものになります。

コンソーシアム型

パブリックブロックチェーンは管理者なし、プライベートブロックチェーンは管理者が1人ですが、このコンソーシアムブロックチェーンは管理者が複数存在します。

メリット

  • プライベートブロックチェーンの改ざんが困難

コンソーシアムブロックチェーンは複数の団体や組織で運営しているために改ざんされにくくなっています。


  • パブリックブロックチェーンよりも取引承認が早い

また上記の理由から承認スピードが早いこともメリットです。

デメリット

  • 完全に中央集権型

本来のブロックチェーンのメリットであるはずの分散型で誰でも参加できるといった特徴がなくなってしまっています。

まとめ

ここまで暗号通貨よりも注目されている「ブロックチェーン」という技術について、ブロックチェーンとは何か、特徴・メリット・デメリット・種類を詳しく説明してきました。

これからも色々な分野で活用されることが期待されます。それぞれにメリットとデメリットがあるので用途にによって使い分けていくことが必要です。