もっと簡単に稼ぎたいあなたに!!!公式ライン@登録はこちらから

<<厳選ニュース!!!>>4月に韓国の主要仮想通貨取引所が閉鎖:多くの人にとって暗黒の2018年となる

厳選ニュース!!!

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

 

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳しました!

ぜひ参考にしてくれ!

韓国の主要取引所Coinnest閉鎖

4月18日に韓国の主要仮想通貨取引所であるCoinnestが閉鎖した。Coinnestの閉鎖はビットコインが市場最高値である20,000USDに到達した直後であり、下げ相場の残虐さの象徴となりました。

昨年、多くの主要取引所は閉鎖までは強いられなかったものの、ビットワイズアセットマネジメントより一定の取引高を得ている一部のプラットフォームを除いた、大部分の取引所が安定した収益を保つことに困難しました。

下げ相場は、CoinMarketCapなど主要マーケットデータプラットフォーム場のユーザーを惹きつけるために戦略的に売買高を暴騰させることで知られる、小規模の取引所にとってとりわけ困難な状況となりました。

韓国のKorbitのような小規模の取引所における全面的な売買高の降下により、利鞘が急激に下がりました。このことにより、生き残ることが難しい環境が生まれました。

暗号通貨の取引では取引が実行された時の料金を通して、圧倒的大多数の収益を生み出しています。暗号通貨資産の位置に治療が減少した際、取引所は収益の低下を被ります。

なぜとりわけ韓国における仮想通貨取引所が弱気市場に苦しんだか

The Blockのレポートによると、Binanceは2019年1月から3月までおおよそ7,100万ドルの4半期利益を生み出しました。これは、韓国最大規模の仮想通貨取引所であるUpbitの年間営業利益に近いです。

Upbitは韓国のローカル仮想通貨取引市場内、トップ5の取引所の中で唯一利益を記録した取引所です。

Bithumbは1億7,500ドルの純損益を記録し、CoinoneやKorbitなど他の主要プラットフォームも2018年は何千万ドルに及ぶ比較的大きな損失を記録しました。

Bithumb代表は取引所のビジネスは堅実のままであると韓国主流メディア・アウトレットのMKと話しているが、伝えられるところでは新しい資金調達の1億9,000万ドルが確保されていなかった場合、1億7,500万ドルの損失は取引所ビジネスを危機にさらしていたと思われます。

「仮想通貨市場が奮闘している期間でさえ、Bithumbはユニークなサービスやグローバル市場の支配によって堅実なビジネスを維持しています。Bithumbは、ユーザー資金を保護することに全力を注ぎます。」

その他問題:新規登録の禁止

取引所において、しばらく新規登録の受け入れが禁止されていたため、2018年は韓国の取引所にとって特に厳しい状況でした。取引先はこのように相当な収益の低下を体得しました。

昨年は、仮想通貨取引市場の有力な国内リーダーであるUpbitにとってでさえ困難な一年でした。

Upbitの親会社Dunamuの代表は、2018年の間ずっと健康的に取引所を運営することができたのは、会社の用心深い管理アプローチを活用し、マーケティング活動と資源を還元するといった戦略のおかげだといいます。

「他の取引所と比較すると、新規登録がブロックされたことでUpbitはマーケティング活動と全体的な人的資源の削減によって慎重にオペレーションをしてきました。2018年度のUpbitの収益の大部分は、仮想通貨市場が活気に溢れていた第1四半期に生成されています。2017年以降と比較しても、実際に収益と営業利益の増大を記録しています。」

Coinnestのような小規模のプラットフォームでは、マーケット周辺や韓国の仮想通貨取引市場の情緒によって、相当の営業利益を期待することは実質上不可能でした。

特にCoinnestは1月にレポートされた500万ドルの損害(取引所が500万ドル以上の資金を誤って顧客に送金してしまった件)から同業他社と比較しても困難な状況にありました。

さらに、10月18日にはCoinnest前CEOが詐欺とユーザー資金の私的利用のため懲役3年を課せられ、260万ドルの罰金を処されました。法廷文書によると、前CEOと他経営陣2名はユーザーから3,000万ドル以上の資金を窃盗し、量に値すると4億ドルをも模造したと伝えられています。

また、監査機関の不確実性と仮想通貨の出来高低下を取り上げ、Coinnestの代表はかつてローカル市場で3番目の規模を誇っていた取引所が閉鎖に迫られていると述べた。取引所の代表は以下のように言っています。 

「これは出来高減少による自然な結果です。この決定の背景には、調整問題とビジネス決定が用いられています。」

Coinbaseのような大手企業さえも奮闘している

日本や韓国のような主要市場の小さな取引所はしばしば大企業によって買収されるか、短期収益性への関心から破産宣言をしています。

取引所の持続性を保つためには、強いネットワーク効果が必要だ。それゆえ各主要地域において、トップ5に入る取引所以外は利益を生み出すことに一貫して苦労しています。

弱気市場では2018年のCoinbaseの業績からも見受けられるように、小取引所と大取引所の両者において状況が悪化します。

ロイターは4月18日に、Coinbaseの2018年度の収益が5億2,000万ドルを記録したと報告した。通常ならば、暗号資産の85%コレクションを考慮しても有益な数値だと言えるでしょう。

しかし、Coinbaseは世界市場で最も大きい取引所であるのにも関わらず、推定の60%も到達することができませんでした。

Net revenues of 520 million dollars with a ~40%+ profit margin for the year of 2018 is beyond excellent! Congratulations @coinbase team.

— Gabor Gurbacs (@gaborgurbacs)

ブルームバーグは2018年10月に、Coinbaseは市場のコレクションにも関わらず2018年に13億ドルの年間収益を期待していると報じました。文書が昨年後半にブルームバーグによって得られたと考えた場合、最終四半期が取引所にとって明確に困難であったと言えます。

Coinbaseは新しいトークンや暗号資産の導入を通してプラットフォーム量をソウザ区することに絶え間なく努力したものの、年間収益推定を60%も外してしまいました。

過去2年において、アメリカ合衆国のように厳しく管理された市場の大手取引所は、トークンの監査機関不確実性の性質から、早期にトークンをリスト化することを控えていました。

4月のみを取り上げても、CoinbaseはCoinbase Pro上でMaker(DAI), Augur(REP), EOSIO (EOS)のトークンをリスト化しました。そして、Stellar’s lumens(XLM)や非常に期待されていたXRP(リップルによって開発された暗号通貨)のサポートもリスト化しました。

Lumensのリスト化後、3月にCoinbaseチームは以下のように言っていま。

「我々が顧客から最も多く受ける依頼は、プラットフォーム上でより多くの資産を取引できるようにすることです。我々の新しいリスト・プロセスの発表によって、我々の標準を満たす多くの資産がリスト化されることを期待しています。」

その他閉鎖してしまった取引所は?

韓国のみで見ても数百の仮想通貨取引所があると言われており、あるレポートは国内の取引所が100を超えると見積もっています。大半の取引所は、積極的なトークンのリスト化により短期利益の獲得を期待している小規模企業です。

資源の欠乏のため、マイナーな取引所はセキュリティ違反やハッキングの試み、出来高の急低下などの問題に直面した際、市況の変化に対処することができません。

過去16ヶ月間で、Coinnest, Coinpulse, Liquiなどの取引所は流動性問題の結果として閉鎖しました。QuadrigaCX, CoincheckやZaifなどの大型プラットフォームも明確なセキュリティ違反後に閉鎖しました。

CoincheckとZaifは金融庁(FSA)の承諾を得た後日本で再開したが、ユーザー資金を完全に保障するためには大手の複合企業からの生命線を必要としています。

Zaifは、ハッキングで影響を受けたユーザーの補償を目的とし4,450万ドルの価値を持つFiscoと取引後、4月19日に再開しました。

Fiscoチームは「おおよそ50億円の際勢支援の条件の下、Tech Bureau Co., Ltd.から我々へのZaifビジネスの移動が可決されました。さらに、顧客の事業承継同意の手続きをインターネットや電話を通して行いました。」と言っています。

なぜ小規模の取引所は攻撃の対象になりやすいか

コンプライアンスや保安には多額の資金が必要となるため、小規模の取引所はしばしばハッキング攻撃の犠牲になります。Geminiのようによく規制されたプラットフォームには、ユーザー資金を確保するための保険、社内セキュリティ専門家、定期監査などが整っているが、小規模の取引所は大手企業に類似した資源を保持する予算がありません。

かつて日本で最大の仮想通貨取引所であったCoincheckでさえ、プラットフォームを監督するために適切な社内セキュリティ専門家を保持していませんでした。

Coincheck前CEOの和田晃一良氏は2018年4月に以下のように言っています。

「内部チェック、管理、システムリスクに取り組んでいる人が十分でいないことは認識していました。ヘッドハンターやエージェンシーを活用し拡大することに努めましたが、このような状況に陥ってしまいました。」

QuadrigaCX騒動の調査は現在も進行中であると言われており−ジェラルド・コットン(取引所のCEO)は、仮想通貨やその他の資金で1億9000万ドルを損失した後、プライベートキーを保持したまま亡くなった−、CoinbaseチームはQuadrigaCXもまた弱気市場の影響を受け、流動性の問題を抱えていたのではと推測しています。CoinbaseのCEO、ブライアン・アームストロング氏は

QCX(2013年創立)は最も古い取引所の一つであり、もし彼らが出口詐欺を計画していたのならばより良いタイミングが計れたでしょう。彼らは2017年6月に数百万ドルに及ぶバグに苦労しました。『冷蔵』への資金移動の動きが見られるようになったのはこの頃からです。

と言っています。

冷蔵からの送信パターンは、QCXが取引所破綻の回避を試み抜け穴を見つけ出そうとしていたことを示唆しています。流動性が低下したことや2018年の弱気市場が彼らに追いついたと思われます。一連の出来事は、誤った処置とそれを取り繕う試みだったと暗示しています。

取引所閉鎖は産業の成熟とともに減少する

仮想通貨の弱気市場は、産業を落ちつかせ、推測のマニア段階を反映し脱却し、市場のインフラを再建させるという点で極めて重要です。

延長されたコレクションの間は、暗号資産の価格と市場量が減少し、多数の定良質なプロジェクトや選択肢の限られた取引所が生まれます。

推測―コレクションー建設―回復の仮想通貨市場サイクルは産業の品質を改善し、資源、資本、労働をセクター内の優良企業に集中させます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました