SECがTelegramに強制的に証言を求める

Crypt News ファイル
Pocket

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳しました!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

米国証券取引委員会(SEC)は、イングランドおよびウェールズ高等裁判所に、テレグラムの元最高投資顧問ジョン・ハイマンに、会社のグラムトークンの提供について証言を強制的に要請しました。

SECの要求は、12月6日ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に規制当局が提出した文書によって明らかになっました。

Gramトークンは安全か?

SECはTelegramのGramsトークンは未登録証券であると確信しています。規制当局によると、TelegramはGrams購入同意を主張しましたが、実際のトークンについては同じことを主張しなかっました。さらに、「いずれにしても、レギュレーションDに基づく登録の免除はTelegramで怒ってはならない」と主張しました

ファイリングごとに、SECはテレグラムの募金活動に関与しており、ハイマンの証言を取得しようとしています。彼は、同社のTelegram Open Network(TON)の10人以上の投資家とコンタクトをとったと伝えています。文書によると、Telegram CEOのPavel Durovは、昨年1月に彼を「グラムの配布を管理する人」と定義しました。

米国の規制当局は、英国の市民であり、英国に居住していることから、英国当局にハイマンの寄託の要請書を発行するよう要求しました。提出によれば、SECの弁護士は以前にハイマンの弁護士に連絡し、ハイマンは自発的な寄託に出頭することに同意しました。

それでも、後にハイマンの弁護士は「ハイマン氏の預託に関する複数の電話やメールの返信を拒否した」と語っています。彼の証言以外に、SECはテレグラムの指導者や投資家とのハイマンの書面による通信のコピー、電報とグラムでの彼自身の投資などにも目を通しています。

米国の連邦判事は、「曖昧さ/通知の欠如のために」Telegramの防御を打つというSECの動きを維持しました。

 

Jared LetoはTelegramのTONに投資したか?

文書には、Duroと潜在的なGramsトークン購入者との間のメール交換も含まれています。興味深いことに、これには、クライナーパーキンスのパートナーであるマムーンハミドとのコミュニケーションが含まれていました。

その人物が人気の歌手であり俳優であるかどうかは不明ですが、有名人の公式ドメインjaredleto.comでホストされているメールアドレスを使用していました。