ユニセフ:暗号通貨基金で公立学校のインターネット支払いを計画

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳したぜ!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

非営利団体のユニセフイーサリアム財団や他の組織から寄付された暗号通貨を使用し、世界中の公立学校のインターネット接続に資金を提供できるようにする計画が進められています。

イーサリアム開発者会議Devconの中で、ユニセフはビットコインとイーサーの寄付を受け取ったことを明らかにするとともに、ビットコインやその他の寄付金を配布するための暗号通貨基金を発表しました。

ユニセフの暗号通貨基金に最初の寄付を行ったイーサリアム財団は、合計で約25,000米ドル相当の1BTCと100ETHを寄付しました。

ユニセフブロックチェーンリードのChristina Lomazzoとユニセフベンチャーズの責任者であるChris Fabianによると、Project Connectと呼ばれるイニシアチブの一環として、世界中の公立学校でのインターネットアクセスの提供と改善に資金が当てられるということです。

Chris Fabianは「資金提供を受けた学校は『Project Connect』の地図に表示されることになる。また、それらの学校を台帳に記録できるようなシステムを導入する。これにより、『説明責任』の完全なサイクルが得ることが可能となる。」と述べています。

すでにシエラレオネ・カザフスタン・キルギスタン・ケニア政府は、Project Connectとインターネット接続支払いのためのブロックチェーンベースシステムに関心を示しています。

さらにChris Fabianは「デジタル決済はユニセフとその親組織である国連の未来の道となるだろう。私たちは過去2年間を暗号通貨基金設立のために費やしいる。 私たちは国連組織とこれについてすでに多くのことを共有しているため、彼らは私たちが行なった法的および財政的なタスクに関する業務遂行が不必要になった。」と付け加えています。

最後にChris Fabianは、社会的影響力のある組織が現在の技術に適応する必要性を強調するとともに「私たちは未来のために準備を始めていかなければならない。」と述べました。

<<元記事はこちら>>