まだ知らない!?これだけは知っておきたい仮想通貨用語16選!

捜査官DOGがやってみた!

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、知っておかないと恥ずかしい仮想通貨用語を紹介するぜ!

目次

  1. 1. 仮想通貨
  2. 2. 暗号通貨
  3. 3. 暗号資産
  4. 4. ICO
  5. 5. ビットコインとアルトコイン
  6. 6. 草コイン
  7. 7. ウォレット(ホット、コールド)
  8. 8. トランザクション
  9. 9. ブロックチェーン
  10. 10. マイニング(採掘)

すべて表示

1. 仮想通貨

仮想通貨は、最近何かと話題になっているインターネット上の通貨だ

コインやお札のように、実物としては存在しないので仮想と呼ばれるぜ

仮想通貨には、ビットコインやリップルなどが有名だが、その他に何千種類もあると言われているぜ

円やドルといった国が保証し発行しているものを法定通貨といい、仮想通貨は国の保証や発行を行っていないことが特徴だぜ

2. 暗号通貨

暗号通貨は、暗号化技術を使って安全性を高めている仮想通貨のことだ

だから、暗号通貨=仮想通貨だと思っていいぜ

何で暗号通貨という言葉があるかというと、英語で「crypto currency」といい、これを直訳すると暗号通貨になるからだぜ

仮想通貨を英語に直訳すると、「virtual currency」となるが、これはあまり使われないぜ

3. 暗号資産

暗号資産は、仮想通貨のことだ

2018年12月に金融庁が「仮想通貨」を「暗号資産」に呼び方を変えると発表したぜ

理由としては、G20会議で他国が「crypto asset(直訳で暗号資産)」と呼んでいたからだ

4. ICO

ICOは、会社独自の暗号資産を作って販売し、資金調達することだ

IPO(新規株式公開)以外の資金調達手段として、一時期注目を集めたぜ

5. ビットコインとアルトコイン

ビットコインは、サトシナカモトという人物によって投稿された論文をもとに作られた仮想通貨だ

メリットとして、金融機関を通さず個人間で直接送金できるため、従来より送金手数料を低くしたり送金時間を短縮することが可能だ

一方のアルトコインは、ビットコインで使用されている技術やコードを参考にして作られたコインだ

要するに、ビットコイン以外の仮想通貨のことだぜ

有名なものだと、イーサリアムやライトコインやモナコインなど1000以上あると言われているぜ

6. 草コイン

草コインは、時価総額が低いコインのことを言うぜ

草=wのように、笑ってしまうほどのコインという意味があるぜ

また、他にもそのコインが持つ特徴が弱いコインのことも言うぜ

英語では、「shitcoin」と呼ばれているが、日本語では意訳して草コインと呼んでいるぜ

でも、ときどき価格が急騰することもあるのでハイリスクハイリターンとして、投資する人もいるぜ

7. ウォレット(ホット、コールド)

ウォレットは、持っているいる仮想通貨の保管や他のウォレットへの送金ができるぜ

ウォレットには2種類あるぜ

インターネットに繋がっているホットウォレット、繋がっていないコールドウォレットだぜ

ホットウォレットは、インターネットに繋がっている分取引をスムーズに行えるが、ハッキングのリスクがあるぜ

例として、取引所ウォレットやウェブウォレットなどがあるぜ

一方のコールドウォレットは、インターネットに繋がっていないため取引するのに時間はかかるがハッキングのリスクはほぼ無いぜ

例として、USB内に保存するハードウェアウォレットなどがあるぜ

8. トランザクション

トランザクションは、仮想通貨の送金や受け取りの際に行われる取引データのことだ

9. ブロックチェーン

ブロックチェーンは、複数のトランザクションがまとめられたブロックが一つのチェーンに繋がっていることだちん🐍

金融機関を通さずに、ユーザーが分散してお互いに管理する仕組みだちん🐍

これを「P2P(ピアツーピア)方式」や「分散型取引台帳」というちん🐍

ブロックチェーンの特徴として、4つあるちん🐍

1. データ改ざんの防止
ブロックチェーンに参加している全てのコンピュータに取引データが残っているため、不正ができないとされているぜ

 

2. 送金手数料の低コスト化

金融機関を通さずに送金ができるため、これまで金融機関で取られていた送金手数料がなくなるぜ

 

3. 送金の高速化

手数料と同じように金融機関を通さずに送金ができるため、これまでは何日もかかっていた海外への送金なども数分や数秒で送ることが可能になってきているぜ

 

4. 中央集権化の防止
ある金融機関が一元管理しないことで、システムを復旧できるようになるぜ

また、法定通貨のようにある一つの機関が独裁的にお金の流通量をコントロールされないようにする目的もあるぜ

これがブロックチェーンの特徴だ

10. マイニング(採掘)

マイニングは、トランザクションの承認を行う対価としてコインが支払われることだ

例えばビットコインを送るときにその取引データが正しいかどうか承認する段階があるぜ

その承認を行う人たちのことをマイナー(採掘者)といい、彼らが承認したトランザクションだけが取引成立するぜ

そして、マイナーが承認を行う代わりにビットコインを支払われる仕組みになってるぜ

11. コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムは、仮想通貨のブロックをブロックチェーンに追加するときに合意によって形成するためのアルゴリズムのことだ

普通は、マイナー全員の承認結果は同じになるはずだぜ

しかし、計算ミスなどで全員の答えが一致しないこともあるぜ

こういった場合に、どの結果が正しいと判断するかをコンセンサスアルゴリズムによって決まるぜ

このアルゴリズムはいくつか種類があるぜ

1. PoW(プルーフ・オブワーク)
2. PoS(プルーフ・オブ・ステーク)
3. PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)
4. PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)

12. 億り人

億り人は、投資によって1億円以上の資産を築いた人のことだ

リップルでは、2017年の12月5日の時点で27円だったのが、2018年の1月4日の時点で約15倍の414円になってるぜ

もし、12月5日の時点で約670万円分のリップルを買っていたら、1ヶ月間で1億円になってたぜ

13. 51%攻撃

51%攻撃は、悪意のあるグループや個人が51%以上の計算能力を確保してしまうことだ

トランザクションの承認する際に計算して、計算結果の過半数以上の合意があった結果が正しいと判断されるぜ

そのため、過半数をグループや個人が確保してしまうと不正なトランザクションも正しいとみなされてしまうぜ

14. ソフトフォークとハードフォーク

ソフトフォークは、仮想通貨そのものを仕様変更すること

だハードフォークは、ブロックチェーン自体の仕様を変更することだ

ビットコインを例に挙げると、以前と比べてデータ量が増えたためにデータ処理が遅れているぜ

この解決策として、ソフトフォークではトランザクションの縮小(Segwit)、ハードフォークではブロック容量の拡大が挙げられるぜ

Segwitはこれまでのブロック容量は変えず、トランザクションを小さくして一つのブロックに入れられる量を多くしたぜ

Segwitを採用している通貨は、ライトコインやモナコインなどがあるぜ

一方のハードフォークでは、ブロック容量を拡大することで、ソフトフォークと同じように一つのブロックに入れられるトランザクション量を増やしているぜ

15. dApps

dAppsは、非中央集権化の分散型アプリケーションだ

ブロックチェーンを利用して、中央管理者なしで運営や管理ができるぜ

メリットとして、取引の透明性やアップデートの柔軟性、ハッキングリスクが低いなどがあるぜ

今、仮想通貨業界でのホットワードだ

16. Telegram

Telegramは、2013年に誕生したコミュニティツールだ

匿名性が高くセキュリティが万全なことが特徴だ

仮想通貨やICO情報を収集するならTelegramがオススメだぜ!