【終了】Weenzee(ウィーンズィー)が飛んだ!?

HYIP捜査ファイル

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

Weenzee(ウィーンズィー)が飛んだ!?という情報が入ってきたぜ!

 

Weenzee(ウィーンズィー)が飛んだ!?

 

以前に、plus token(プラストークン)が飛んだ!?という記事を書いたんですけど、最近飛んだ案件や飛びそうな案件と言われるものが増えてきたぜ。

 

ついに、Weenzee(ウィーンズィー)のサイトに繋がらなくなってしまいました。

Weenzee(ウィーンズィー)のホームページに行ってみると、下の画像のような状態になっているぜ。

Weenzee(ウィーンズィー)が出金停止

Weenzee(ウィーンズィー)から出金しようとしてもできないという状態が発生していて、ツイッターで大騒ぎになっていたぜ。

2019年7月4日からWeenzee(ウィーンズィー)で出金停止がされていて騒がれはじめたぜ。

 

 

それでは、Weenzee(ウィーンズィー)がどんな案件なのかを解説していくぜ。

Weenzee(ウィーンズィー)とは?

 

ここからは、Weenzee(ウィーンズィー)がどんなものだったのかをご紹介するぜ。

2018年末に発表され始まった案件だ。

Weenzeeとは、AI(人工知能)を活用した資産運用の案件だ。

Weenzeeを簡単に説明すると、

・AIを活用してトレードする投資案件
・アービトラージによる収益案件
・最低投資額:30ドル〜(日本円で約3,300円〜)
・日利:0.5〜1.0%(月利で20%以上)
・アフィリエイトでの収益が可能

 

 

Weenzee(ウィーンズィー)のコミュニティー紹介

 

Weenzee(ウィーンズィー)は、世界15ヶ国以上の投資家で構成されており、同社は各国の主要なイベントにも参加しているぜ。

2019年1月に中国で開かれたサミット「GBLS」では賞も受賞しており、世界中で評価を受けているぜ。

Weenzee(ウィーンズィー)のコミュニティには、ドイツ、フランス、オーストリア、スウェーデン、韓国、中国、フィリピン、ベトナム、インドネシア、日本、インドなど、世界15カ国以上から50万人以上の人々が参加しており世界中の情報が集まるぜ。

それぞれの国で、Weenzee(ウィーンズィー)チームは活動が盛んだったぜ。

 

Weenzee(ウィーンズィー)の世界のコミュニティー

・イタリア
電子決済が進んでいるイタリアでは、ナポリの近くにあるテラチーナの洗車場でWeenzee内で紫原が可能でになっていたぜ。

 

・ブラジル
ブラジルのリオデジャネイロにあるカフェで、 Weenzee(ウィーンズィー)支払いができるようになっていたぜ。

 

・香港、ブラジル、ペルー
香港、ブラジル、ペルーでは、理髪店でWeenzee(ウィーンズィー)支払いが可能になっていたぜ

 

 

Weenzee(ウィーンズィー)SNSコミュニティー

Weenzee(ウィーンズィー)は、SNS上のコミュニティーも盛んに動いていたぜ。

様々な国で、色々なSNSのコミュニティーがありまだまだ続くだろうと思われるぜ。

SNSグループ一覧

・LINE
・テレグラム
・韓国語の運営公認サイト
・イタリア語のWeenzeeサイト
・ツイッター
・フェイスブック

 

Weenzee(ウィーンズィー)が飛んだ!?のまとめ

 

今回は、Weenzee(ウィーンズィー)が飛んだ!?について解説したぜ。

Weenzee(ウィーンズィー)のホームページが開かなくなり、もう飛んだといってもいいと思うぜ。

2018年末に発表され始まった案件で、200日以上続いたぜ。

俺は、Weenzee(ウィーンズィー)に投資してロック期間が外れた段階で抜けてたので危なかったぜ。

Weenzee(ウィーンズィー)から出金できなくなった方は、今回の件を生かしてまた投資する場合は、原資を抜いた状態で儲けたお金だけを運用することをオススメするぜ。

 

じゃあな!