世界を最定義する3つの理由:2020年後半の暗号資産市場の動向

未分類
Pocket

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、「ブロックチェーンや暗号資産取引は明るい未来のあるものとして注目を集めている理由」について紹介していきます

Crypto Dog 公式LINEではおすすめ記事を紹介しています!ぜひ友達追加してください!

ブロックチェーンや暗号資産は数年前まで一般的に疑わしいものとして見られていましたが、近年では世界中でデジタル通貨への移行のフェーズにありそれとともにブロックチェーンや暗号資産取引は明るい未来のあるものとして注目を集めています。

今回はその理由は3つ紹介します。

キャッシュレス社会の拡大

キャッスレス社会の構想は近年頻繁に語られるトピックの1つでしたが、ポストコロナの生活様式の対応により、コロナウイルス感染防止のため、現金の取引が厳しく制限されている国が存在するほどその注目は以前に増して大きなものとなりました。キャッシュレス取引はパンデミックのピーク時に急増し、国民はそのような新しい生活様式に徐々に適応し始めています。

「特に地理的な場所の違いにもかかわらず、通信や取引が継続されているために、暗号通貨取引は依然として盛んである 」と多くの人々がインターンネットを頼り続ける中での可能性をGainskyは最近の報告書の中で述べています

プロセス高速化と利便性向上がキャッシュレス取引において可能となったことに加え、より多くの人々が在宅勤務を行い、オンライン決済やインターネットをベースとしたやりとりに頼っている現在、暗号資産取引への関心は急上昇したとされています。

暗号資産とブロックチェーン業界では、特にブロックチェーンプラットフォームを利用した仮想釣り匹規模を拡大する好機となりました。従来のプラットドームよりセキュリティ・スピード・利便性の高いブロックチェーンはキャッシュレス化で便利なだけでなく、健康面でも安全であることがわかってきており、現金取引の需要は下がる一方です。

もはや「ニッチ」ではない暗号通貨

デジタル社会の到来に伴いキャッシュレスの魅力を一般の人々が知れば知るほど、暗号通貨やブロックチェーンは「ニッチ」や「オルタナティブ」と位置付けられることは減っていくでしょう。Gainskyは、暗号資産市場のトレーダー数増加に繋がり暗号資産市場のパフォーマンス増加を報告しています。

また、報告書では「特にこのパンデミックが世界を席巻し続けている間は、専門家は、暗号通貨投資の着実な増加を予測している」と述べています。

暗号資産に人々も注目が集まっている理由の1つは「安定性」です。誰もが信頼してきた伝統的である物理的な投資が新型コロナウイルスのパンデミックを通じて崩壊したため、人々は「普通」に対する信頼を失います。多くの投資家はリターンがない、セキュリティがない、限られた安定性しか意味しない「古い通常」に興味をもはや示していません。

このような急激な時代の変化にパフォーマンスを発揮している暗号資産市場は井蛙中の人々の関心を集めるとともに、仮想取引やデジタル通貨を始めるきっかけを提供しています。

プライバシー重視の姿勢

ブロックチェーンを人々が求める理由は「安定性」だけではなく、「自律性とプライバシー」も求めています。そして、ブロックチェーンの最大のアピールポインの1つはセキュリティの高さです。

インターネットは利便性は高いもの、セキュリティに関してはさほど高いと言えます。新型コロナウイルスのパンデミックピーク時にデータ侵害が久蔵し、このインターネットのセキュリティの甘さは明確化されました。

新型コロナウイルスの混乱を生かし、サイバー犯罪を行う人々は多くの不正を行い「2020年の第1四半期の侵害件数が273%急増し、企業に数十億ドルの損害をもたらしたと」CNBCは報告しています。

インターネットセキュリティがここまで問題となって1つの要因としては、オンラインバンキングからEバンクまで、オンラインでの活動家急に活発したことが挙げられます。企業がリモートワークを推奨したことにより、多くの従業員が自宅のシステムを利用し業務を行うようになったため、セキュリティが低下し、脆弱性が増え、ハッカーが利用する機会が増加しました。

しかし、ブロックチェーン技術はこのような不正が発生を防ぐ分散型システムを採用しています。そのため、企業がセキュリティを向上させるための方法の1つとしてブロックチェーンシステムの採用が重要視されます。

最後に

暗号資産やブロックチェーン技術がより復旧すべきという人々は、現在の苦しい状況が継続されるごとに増しています。従来の市場システムは、人々が信頼できる新たなシステムを求めています。

半年、あるいは1年後、世界がどのように変化していくのか想像することも面白いでしょう。だた1つ確かなことは、暗号資産は今までより一層世界的に投資にいて大きな存在感を放つということでしょう。