STEPNの上昇率が6,410%であるのに対し、MEXCのSTEPN3Lが18,633%という高い上昇率を達成したのはなぜか?

プレスリリース
Pocket

GameFiの新星「Move to Earn(体を動かして稼ぐ)」のプロジェクトである「STEPN」は1ヶ月以上前からトレンド入りしている。そのトークンである「STEPN」は、すでに6410%という最高収益を達成し、更新している。

MEXCはSTEPNのスポット取引を開始した後、レバレッジETFセクターのSTEPN3L/3Sも即座に開始した。その中で、STEPN3L(STEPN 3x go long)は0.659USDTから最高値121.77USDTまで上昇し、18,633%の最高益を達成した。

MEXCのSTEPN3Lと他プラットフォームの同ジャンル製品との収益比較

一方、他のプラットフォームはMEXCより遅れてSTEPNのETF商品を上場したため(他の取引所の関連取引ペアはGMT/SUDTとGMT3L/USDT)、最高価格は22.98USDTしかなく、最高利益も3,218%だけで、MEXCのSTEPN3Lの5分の1に過ぎない。

つまり、稼ぐにはコツがあり、そのコツとは以下の通り。

  1. 正しいプロジェクトに従うこと
  2. 信頼できる取引プラットフォームを選択すること
  3. 自分に合った商品を選ぶこと
  4. トレンドトレードを利用すること

正しいプロジェクトに従うこと

STEPNは、Solana(ソラナ)上で動作するWeb3製品である。「Move to Earn(体を動かして稼ぐ)」とSocialFiの要素を併せ持つGamefiプロジェクトだ。ユーザーはスニーカーという形でNFTを所有し、現実世界でのウォーキングやジョギングを通じてトークンを獲得することができる。

プロジェクトの説明はここまでとする。なぜなら、例え今回のプロジェクトで失敗したとしても、また別のプロジェクトがあるためである。市場にはリターンの期待できるプロジェクトが必ずある。つまり、必要となるのは良いプロジェクトであるかを見抜く「目」なのだ。

以前、「MEXC Launchpad」で別の「Move to Earn(体を動かして稼ぐ)」プロジェクト、Genopets (GENE)があった。これもSolona(ソラナ)エコシステムのGameFiプロジェクトの1つである。こちらも4730%という最高の利得を達成した。

上記のプロジェクトを例にとると、適切な時期に適切なプロジェクトをフォローすることがいかに重要かを示している。しかし、このスキルは一朝一夕に身につくものではない。特にプロジェクトのチーム、トークン、プロジェクトの背後にある資本などに関わりながら、ある程度の経験を積むことが必要である。

信頼できる取引プラットフォームを選択

信頼できる取引プラットフォームを選択することがとても重要である。高品質の取引プラットフォームは、常に新しいプレミアムプロジェクトを立ち上げ、投資の面でユーザーに利益をもたらす。取引プラットフォームは、以下の3つの基準に従って判断できる。

このプラットフォームは取引のための膨大な数の暗号資産を提供しているのか?

機関投資家以外のトレーダーは一般的に目新しい非主流派の暗号資産を取引して、主流の暗号資産よりも多くの利益とリターンを得ようとする傾向がある。

したがって、高品質の取引プラットフォームは機関投資家/大規模な資本を持つユーザーのために主流の暗号資産を提供するだけでなく、さまざまなユーザーの需要を満たすためにも、異なる分野からさまざまな暗号資産をリストアップしている。

データソース: coingecko.com

そこでおすすめなのがMEXCです。CoinGeckoのデータによると、MEXCは現在トップ8の暗号通貨取引所であり、1,315種類もの暗号通貨を取り扱う数少ない取引所の1つである。

人気プロジェクトや最新プロジェクトを素早く立ち上げることができるプラットフォームであるか?

MEXCは暗号通貨の数が最も多いプラットフォームの一つであるだけでなく、新しいプロジェクトを素早くリストアップするプラットフォームでもある。

以下は、各セクターの統計速報である。

Polkadot Ecosystem: DOT, EDG, GLMR, KSM, PCX, and so forth;

DeFi Sector: UNI, CRV, SPELL, FARM, CHESS, and so forth;

Public Chain Sector: FTM, LUNA, SOL, DOT, KSM, and so forth;

NFT Sector: MANA, GALA, ILV, ENJ, APE, and so forth

MEME: SHIB, PEOPLE, SOS, LOOKS;

各セクターから何百ものプロジェクトがMEXCに新規上場している。MEXCは平均して毎日3-5件のプロジェクトを立ち上げている。つまり、ユーザーには毎日新しいプロジェクトに参加するチャンスがあるということである。

このプラットフォームで立ち上げたプロジェクトで高いリターンが見込めるか?

関連統計によると、MEXCは2021年に最も高い利得を持つトップ10の暗号資産のうち6つを最初にリストアップし、平均最高理論ROIは6,600%となっている。これらには、2019年に初上場したFTM、2020年に初上場したLUNA、SOL、MANA、2021年に初上場したSHIB、GALAが含まれている。

その中で、SHIBのスポット取引のROI(投資利益率)が最も高く、106,363,536%であった。GALAが47,854%、AXCが29,650%と続く。一方、SAND、MATIC、LUNA、FTM、SOLの最高ROIはいずれも16,000%以上であった。

したがって、信頼できる取引プラットフォームを選択することも、投資のための不可欠な基準である。通常、一つのプロジェクトに参加するのが早ければ早いほど、参加資本が低くなる場合がある。例えば、MEXCのLUNAに参加する場合、初期の段階では参加資金が0.27USD〜0.3USDTしかなかったが、現在では105USDTに達している。

また、MEXCはSTEPN3L/3Sを最初に立ち上げたプラットフォームである。したがって、STEPNが上昇トレンドにあるとき、STEPN3Lも他のプラットフォームと比較して最も高い利益を達成した。

自分に合った製品を選ぶこと

現在主流の取引商品は、スポット、レバレッジドETF、先物である。これらの商品はユーザーによって向き不向きがあり、リターンやリスクも異なる。

スポット取引は、BTCを保有するような低リスクの投資を好む人に向いている。BTCが値下がりしても、コインが存在する限り価格は跳ね返える。したがって、スポットトレーダーは通常、価格が低いときにロングを購入し、リターンを確保することである。

一方、先物取引では複数のリターンを得ることができる。MEXCの永久先物は最大125倍のレバレッジをサポートしている。BTC、ETH、ADA、DOTなどの主流の暗号資産の先物取引をサポートするほか、NEAR、SHIB、STEPN、APE、SAND、AXSなどの200以上の暗号資産もサポートしている。

その他のトレンド商品として、レバレッジドETFが入る。

MEXCのレバレッジETF商品の特徴は取引可能な様々な暗号資産で先物取引として複数のリターンを実現し、スポットのように取引できることである。ポジションの一部を証拠金として占有せず、高い資本利用率を誇り、清算ルールもないことである。

例えば、STEPN3Lを0.659の価格で購入(STEPN 3倍ロング)し、スポットの購入方法と同じようにする。その資産が理想的な利益を得た後、スポットの売り方と同じように、それを売ることができる。

STEPNのスポット、先物、ETFの利益を比較すると、STEPNのETFの利益がスポットや先物を大きく上回っていることが分かる。3月14日から15日にかけて、STEPNのスポットの利益は914%、STEPNの永久先物(3x go long)の利益は2,742%、STEPNのETF(3x go long、STEPN3L)の利益は11,243%に達している。

これは、MEXCのレバレッジETFが複利効果、すなわち、日々の利益の一部を自動的にポジションに振り替え、再投資することで複利を実現するためである。したがって、レバレッジETFの利益は、同等の信用取引や先物取引商品よりも高くなる。利幅が大きいと複利効果はより顕著になる。

トレンド・トレーディングを利用すること

スポット、ETF、永久先物商品の取引に関わらず、トレンドトレードを利用することも稼ぐコツである。特に先物やレバレッジの効いたETF商品では必須である。

例えば、レバレッジETFはトレンド相場や一方的な相場では取引するが、ボラティリティの高い相場では取引しないようにしなければならない。そうでないと、商品のリバランスの仕組みにより、損失を被る可能性がある。

リバランスは、定期的なリバランスと非定期的なリバランスに分けられる。定期的なリバランスは、基本的にプラットフォームがETFのレバレッジ2倍、3倍、4倍、5倍を維持するために行うものである。また、価格の急激な上下によるリスクを回避するために、プラットフォームは他のデリバティブプラットフォームでリスクヘッジを行う必要があり、レバレッジ比率の維持とヘッジには、一定の手数料率の引き上げも必要になる。

最後に、金融商品にはそれぞれ長所と短所がある。適切な取引戦略を選択することを前提に、商品の特性に合わせてトレンド・トレードを使い分けることがより重要である。

備考:この記事は情報共有のみを目的としたものであり、投資アドバイスを行うものではないことをご了承すること。

MEXCの詳細についてはこちらのリンクをごらんください!