米大統領トランプ:暗号資産業界のトップと密会

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dogだ🧥🕶

今回は、俺が厳選した海外ニュースを翻訳したぜ!

ぜひ参考にしてくれよな!

 

2019年10月、ドナルド・トランプ大統領は、ホワイトハウスにFacebookCEOマーク・ザッカーバーグと取締役のピーター・ティエルを招待し夕食をともにした。しかし、この会合内容は公開されていないぜ。

Facebookは水曜日の秘密会議についてNBC Newsに語ったぜ。夕食はザッカーバーグ氏がワシントンにいた間にホワイトハウスで開催され、彼の会社の暗号通貨について議会に証言したぜ。

FacebookのLibraプロジェクトは、当プロジェクトのヘッドクーターをワシントンにおいたぜ。これは、暗号通貨業界の2人のそびえ立つ人物が10月に米国大統領と密かに会った時代の兆候であると言えるぜ。

ザッカーバーグ氏が議会の前にLibraについて証言したことを考えると、暗号通貨が少なくとも通り過ぎて言及されていなかったと想像することは困難だぜ。

食事をした3人が2020年の選挙または国家安全保障について議論した可能性もあるぜ。 Facebookの監視力の範囲を考えると、現在は米国のインテルコミュニティにとって完璧なチャネルだぜ。

また、Peter Thielの他の会社の1つであるPalantir Technologiesは、米国政府の主要パートナーであり、戦場向けのソフトウェアを構築するための8億ドルの米軍契約を結んでいるぜ。

しかし、クリプトの主要なイノベーターの一部がそのような政治的影響力を行使しているという単なる事実は、破壊的な金融技術革新の将来にとって良い前兆だぜ。

Thielは公認の「ビットコインマキシマリスト」であり、BlockFiの仮想通貨貸付や利子獲得仮想通貨アカウントなどのブロックチェーンスタートアップに多額の投資を行っているぜ。

今年の夏、トランプ大統領は暗号を打ちましたが、彼に近い多くの人(ピーター・ティエル、ランド・ポール上院議員、彼のFRBの1人)は暗号通貨に強気だぜ。

Facebookは、2016年のドナルド・トランプ大統領の驚くべき勝利に続いて、米国の政治への影響で大規模な発砲を起こしたぜ。再選を目指す大統領と社会メディアの大御所との非公開の会議は、政治戦略家が「悪い光学」と呼ぶものだ。 ドナルド・トランプの反対者は、「#DumpFacebook, #DeleteFacebook, and #FacebookDeleted」のようなハッシュタグでニュースに応答したぜ。

マーク・ザッカーバーグは、事実確認候補者のキャンペーン広告の拒否を含む、彼のプラットフォームの政治広告の取り扱いに対して激しい批判に直面したぜ。

非公開の会議のニュースは、プラットフォームが政治広告を禁止するというTwitterの決定に続くぜ。これは、ヒラリークリントンが広告ポリシーのためにFacebookを爆発させた同じ日だ。

元記事はこちらから。