韓国のチャットサイト大手カカオの「KLAY」トークンがUpbitへ上場

Crypt News

カカオのKLAYトークンがUpbitのプラットフォームで交換リストを作成

韓国のチャットサイト大手カカオの「KLAY」トークンは、Upbitのプラットフォームで最初の公式交換リストを近々作成するぜ。

グラウンドXは、KakaoがKlaytnネットワークを開発するために設立した会社だ。9月5日のメディア投稿で、KLAYは今月末までにUpbitのシンガポールとインドネシアのプラットフォームにリストされると発表したぜ。

Upbit Singaporeは9月6日にKLAYがリストアップされ、オランダのオークションで価格が発見されたぜ。バイヤーが見つかるまで価格が引き下げられることを9月18日に明らかにしたぜ

オークションは12時間未定のハードキャップに達するまで実行されるぜ。その後、落札者は9月19日にKLAYを受け取る事ができるぜ。KLAY/BTCトレーディングペアは将来的に有効になるぜ。

取引所は、UpbitとKlaytnがオークションから利益を得ることはなく、Upbitは将来すべての収益をユーザーに「再分配」すると付け加えるぜ。

カカオは、収益をどのように再分配する予定で、どのくらいKLAY暗号通貨をオークションで利用可能にするか、CoinDeskからの質問には回答するぜ。

取引所は、合計100億クレイが、2,900万から2億7,800万トークンの範囲の単位のトランシェで2021年まで分配されると述べたぜ。

UpbitがKLAYをリストした最初のプラットフォームであるというニュースは、2つのエンティティが密接に関連していることを考えると、おそらく驚くことではないぜ。

韓国に本社を置くUpbitは、カカオが支援するDunamuが運営する暗号交換だ。

Upbitの発表では、2018年12月のプライベートセールで、Klayの価格は1KLAYあたり0.03ドルだったぜ。その後、2019年4月、プライベートセールで暗号通貨が1枚あたり0.08ドルに達したぜ。グランドXは、この春に提供するプライベートコインで9,000万ドルを調達したと伝えられているぜ。

クレイがUpbitとカカオの両方の母国ではなく、シンガポールとインドネシアで最初にローンチすることは想定外かも知れていないぜ。

しかし、上場の発表は、最初のコインの提供が禁止されている韓国では、クレイが上場するのに問題があることを示唆するプレスレポートに続くぜ。

参照元:https://www.coindesk.com/kakaos-klay-cryptocurrency-to-make-first-exchange-listing