日本で大人気メッセンジャーアプリLINEが暗号通貨交換サービス発表

Crypt News

Hey guys!

潜入捜査官 Crypto Dog🧥🕶

今回は、LINEの仮想通貨(暗号資産業界)への進出のニュースについて紹介していくぜ。

LINEの暗号通貨交換サービスについて

日本で知らない人がいないと言っても過言ではないほどその知名度をあげているメッセージングアプリLINEは、プラットフォームの最終承認を規制当局より取得した数日後、日本に拠点を置く8,000万人のユーザー向けに暗号通貨交換サービスを正式に開始したぜ。

日本時間は火曜日に行われ、初めはAndroidデバイスででの利用が可能となったぜ

iOS向けは順次発表とのことだ。

LINEモバイルアプリのウォレットタブからアクセスが可能になるぜ。

現状のLINE payサービスとの統合

また、LINE Payと統合されており、日本円でのフィアットオンランプロセスが容易になりるぜ。 現在LINEは日本に月間8,100万人、世界中に1億6,400万人のアクティブユーザーを抱えていると述べたぜ。

(イメージ図 参照元:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1909/18/news120.html

9月6日に日本の金融庁から暗号通貨交換ライセンスを授与したLINEの子会社であるLVC Corporationを通じて暗号交換の運営は行われるぜ。

BITMAXは、日本の居住者するユーザーがLINEアカウントで利用できるぜ。取引には手数料はかからないが、入出金には108円の手数料がかかるぜ。

LINEはPalo AltoベースのBitGoが開発したウォレットを使用して顧客資産を分離し、資産をコールドウォレットに保管するなどセキュリティ対策も行なっているぜ。

今後は新規顧客向けに厳格なKYCプロセスが実施される予定だ。申請者は、IDカードと写真、登録済みの銀行口座とID、またE-mailアドレスを使用して、アプリにアカウントを登録できるぜ。

LINE BITMAX取扱い銘柄

気になるBITMAXの取扱い銘柄は下記の銘柄だ。

・ビットコイン

・イーサリアム

・リップル

・ビットキャッシュ

・ライトコイン

の5種類だ。

LINE BITMAXまとめ

このサービスにより今後仮想通貨(暗号資産)が一般市民の身近な存在に近づくことが期待されるよな!

LINE payやPayPayのような形で仮想通貨(暗号資産)が今後世の中で流通する第一歩になると推測される!

BITMAXに登録して身近な仮想通貨(暗号資産)をぜひ試してみてくれ!

 

じゃあな!